1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

人口1,000人の村、徳島・木頭の“未来コンビニ”が、世界三大デザイン賞「レッド・ドット・デザイン・アワード」リテールデザイン部門で最優秀賞「ベスト・オブ・ザ・ベスト」を受賞!

PR TIMES / 2021年8月21日 11時45分

徳島県那賀郡那賀町木頭地区(旧・木頭村)の地方創生に取り組むKITO DESIGN HOLDINGSグループが運営する「未来コンビニ」が、世界三大デザイン賞の一つであるドイツのデザインアワード「レッド・ドット・デザイン・アワード」2021年のリテールデザイン部門で、最も優れた革新的なデザインに贈られる最優秀賞「ベスト・オブ・ザ・ベスト」賞を受賞しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/67279/12/resize/d67279-12-856130caa62af2554ca0-9.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/67279/12/resize/d67279-12-e63bd7ddf7ea103e499b-10.jpg ]



レッド・ドット・デザイン・アワードについて


「レッド・ドット・デザイン・アワード」は、ドイツのデザイン機関「ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター」が主催する、1955年に設立された国際的なデザイン賞です。「iFデザイン賞」(ドイツ)、「インターナショナル・デザイン・エクセレンス賞(IDEA)」(アメリカ)とともに、世界三大デザイン賞の一つに位置づけられています。プロダクトデザイン、ブランド&コミュニケーション、デザインコンセプトの3カテゴリにおいて賞が存在し、近年では毎年60カ国以上の国から10,000以上の応募が集まっています。

集まったデザインに対し、その機能性や審美性をはじめ、独創性・創造性・デザインの質・革新性・情緒性などといった様々な観点から20名以上の専門的な審査員によって選定が行われ、約500点がレッド・ドット賞として選定されます。そのうち最も優れた革新的なデザインには各カテゴリの「ベスト・オブ・ザ・ベスト」が贈られ、本賞の過去受賞者にはApple社、SONY社(※)など世界的な著名企業が名を連ねています。
 未来コンビニはこの度、ブランド&コミュニケーションカテゴリのリテールデザイン部門において、最優秀賞「ベスト・オブ・ザ・ベスト」の受賞となりました。
※記載の会社名は各社の登録商標または商標です。


未来コンビニ、そして私たちの「挑戦」

木頭地区(旧・木頭村)は徳島県と高知県の県境に位置し、人口約1,000人で65歳以上が人口の過半数を占める”限界集落”です。この村は東西に大きく広がり、村の端から端まで移動するには車で30分以上を要するほど広大な地域です。
 未来コンビニは、この広大な村の最西端、居住人口がたった約200人の「北川集落」と呼ばれる地域に建築されました。北川集落には商店が無く、最寄りのスーパーまでも車で約1時間かかるなど、生活必需品の買い物が非常に不便な環境下から、いわゆる「買い物難民」が生まれていました。未来コンビニは、地元の人々の買い物環境改善を目指すと同時に、この地で生まれ育った子供たちが多様な人生や感性に触れ合い未来への刺激を受けられる場となるように、との想いから「未来コンビニ」と名付けられ、2020年4月に誕生しました。
 この僻地にコンビニという施設を新たに建築し、通り道にすぎなかった場所を「訪れるべき場所」に生まれ変わらせ、訪れる全ての人と地域とを繋ぎ、木頭の未来を紡ぐ。この未来コンビニの取り組みは、過疎化・高齢化など地方が抱える課題に対する、木頭プロジェクトとしての大きな「挑戦」の一つでした。
 当社としては、未来コンビニがこのような国際的に権威あるアワードを受賞したことについて、”世界一美しいコンビニ“のコンセプト、そしてこの小さな村から始まった挑戦が、社会的に評価をいただけたものと受け止め、この上ない喜びと感謝の想いとともにここにお知らせいたします。
今後もKITO DESIGN HOLDINGS及び木頭プロジェクトは、木頭地区において未来コンビニをはじめとした挑戦の歩みを止めず、「全ての人が笑顔になれる、奇跡の村」を目指し未来へと紡ぐ活動を続けてまいります。


未来コンビニの建築デザインについて

”世界一美しいコンビニ“をコンセプトにデザインされた未来コンビニのある木頭地区は、西日本第二位の標高を誇る剣山をはじめ標高1,000mを超える山々に囲まれ、その自然の豊かさから別名「四国のチベット」とも呼ばれています。また、柚子の原生林が多数存在し、日本で初めて柚子の接ぎ木に成功し柚子栽培を全国に広めた地でもあり、特産品「木頭ゆず」の品質の高さは国内外で高く評価されています。
この木頭の“自然との共生”が、未来コンビニのデザインテーマの一つです。
 デザインの軸となるY字のトラス構造は木頭の特産である柚子畑をイメージして設計され、明るいイエローに塗り分けられました。道路に面した壁一面をガラス張りにし、店舗の外には、経年変化を楽しめる国産の松の木の素材でできた水はけの良いウッドチップを敷き詰めることで、雨の多い木頭の美しい自然との一体感を店内からも感じられる設計となっています。
 また、子供たちへの目線も設計に反映されています。店内の陳列棚は、子供たちや地元の高齢者の方が商品を手に取りやすいようにと一般のコンビニよりも低めに設計され、これにより解放感のある空間を実現しています。
 店内奥は「木頭ゆず」のオリジナルメニューを体験できるカフェスペースや、子どもたちが様々な絵本や美しい木頭の映像を楽しめるエリアとして設計され、人々が気軽に集まれる交流の場として地元住民や観光客に愛されるとともに、木頭のアイコン的存在となっています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/67279/12/resize/d67279-12-f721e822bca42ccdb41c-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/67279/12/resize/d67279-12-fe19078ee882da8ff302-4.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/67279/12/resize/d67279-12-1346d0fb526ca2001e05-5.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/67279/12/resize/d67279-12-a41573d5d88459dc7441-6.jpg ]

*photo: Nacasa & Partners


KITO DESIGN HOLDINGS株式会社 代表取締役 藤田 恭嗣


[画像7: https://prtimes.jp/i/67279/12/resize/d67279-12-c57fde8cc4d50e70f7e8-1.jpg ]

「人口約1,000人の木頭には、日本の”限界集落”と呼ばれる地域を始め、地方の共通課題が凝縮されていると考えています。この地で生まれ育つ子供たちが、いずれ木頭の未来を変え、日本を、そして世界をも変えうる力となるように。そのために広い視野を養い、志高くその芽を育てられるように。
そんな想いを込めて設計した未来コンビニが、このような権威ある賞により国際的な評価を頂けたことは、木頭プロジェクトの今後を力強く後押しするものであり、心より光栄に思います。プロジェクトはまだ序章ですが、今後も木頭のような地方から社会へ与えうる影響力や可能性について模索し、持続可能かつ発展的な活動の継続を目指します。」
              
プロフィール
1973年、徳島県那賀町木頭地区生まれ。94年大学在籍時に創業、96年有限会社として法人化し、99年に株式会社メディアドゥ設立。2013年東証マザーズ上場、16年に東証一部へ市場変更。同社代表取締役社長CEOを務めるとともに、2013年、過疎化が進む故郷・木頭の創生計画の柱として、木頭ゆずの栽培・加工品販売会社である「株式会社黄金の村」を設立。2017年、木頭の地方創生事業として「全ての人が笑顔になれる、奇跡の村を創る」をビジョンに掲げKITO DESIGN HOLDINGS株式会社を設立。「木頭プロジェクト」としてキャンプ場の再生事業『CAMP PARK KITO』や『未来コンビニ』の設計など様々な事業を手がける。現在も多数のプロジェクトが企画進行中。


KITO DESIGN HOLDINGS株式会社 取締役/クリエイティブ・ディレクター  鵜野澤 啓祐


[画像8: https://prtimes.jp/i/67279/12/resize/d67279-12-75adeaebe3c197d74f4b-0.png ]

「私たちが未来の子供たちへ向けて紡ぎ始めたメッセージと活動の1つが、未来コンビニです。ここに完成したデザインは、木頭の過去と現在を繋ぎ、未来へ伝えたい言葉や活動を1つ1つ形にしたものです。未来コンビニは子供たちと地域の方々、そして世界から訪れる方々と共に更なる発展を続けます。」

プロフィール
1964年東京生まれ。コンセプトの立案からデザイン構築まで一気通貫したクリエイティブを行い、ニューヨーク近代美術館のクリスマスカードのデザイン、Virgin Atlantic航空のブランディングなど数々の企業やブランドのBI、CIを手がける。株式会社ヴィーナス・スプリング代表取締役。2017年よりKITO DESIGN HOLDINGS株式会社取締役に就任し、木頭プロジェクトのデザイン統括を行う。「未来コンビニ」のクリエイティブディレクション、グラフィックデザインを手がける。


株式会社コクヨ クリエイティブデザイン部部長/チーフデザイナー 佐藤航(建築・デザイン設計担当)


[画像9: https://prtimes.jp/i/67279/12/resize/d67279-12-7902f6a81db9f78396b9-2.jpg ]

「建築・インテリアデザインにおいてコクヨは過去多数の海外アワードを受賞しておりますが、このレッド・ドット・デザイン・アワードでのベスト・オブ・ザ・ベストの受賞は当社としても今回初です。私たちは、想いを形にすることを最も大事にしています。業界においても特筆すべきこの成果は、KITO DESIGN HOLDINGS様の活動とその想いが世界から共感を受けたからだと感じています。」

プロフィール
1979年神奈川県茅ヶ崎生まれ。2003年、東京工業大学大学院卒。2003年、コクヨ入社。2021年、同クリエイティブデザイン部部長/チーフデザイナー/一級建築士。オフィス、コワーキング、ショールーム、ショップ、飲食を建築からプロダクトまで横断で企画・ディレクション・デザイン。主な受賞暦/2017年German Design Award賞、BAMBOO AWARD SILVER Prize、2016/2013年Reddot Communication Award賞、2013年SDA最優秀賞、2012年JCD新人賞、その他国内外で受賞多数。


【未来コンビニ】

〒771-6512 徳島県那賀郡那賀町木頭北川いも志屋敷11-1
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=T3O5umAE7Bk&t=4s ]

・面積:駐車場含む延べ面積495平方メートル 、建物床面積187.30平方メートル
・クリエイティブディレクション:鵜野澤啓祐
・建築・インテリアデザイン:株式会社コクヨ、GEN設計
・施工:北岡組
・未来コンビニ公式webサイト
https://mirai-cvs.jp/



KITO DESIGN HOLDINGS グループについて


徳島県那賀町旧木頭村出身で、電子書籍取次国内最大手の株式会社メディアドゥ代表取締役社長CEOの藤田恭嗣が手掛けるKITO DESIGN HOLDINGSグループは、「全ての人が笑顔になれる、奇跡の村を創る」をビジョンに掲げ、木頭におけるキャンプ場の再生や空き家の活用、特産の木頭ゆずを使用した加工品販売など、持続可能な故郷を作るための地方創生に取り組んでいます。
2019年4月末には、閉鎖していた旧美那川キャンプ場(那賀町木頭折宇)で、グランピングを楽しめる「CAMP PARK KITO」をグランドオープン、2020年4月には木頭地区の買い物環境の改善や、地元の子供たちの交流の場として「未来コンビニ」をオープンしました。2021年7月には、木頭ゆずオリジナルスイーツショップ「YUZU CAFE Kitchen」をJR徳島駅コンコース内にオープン。
木頭からこれらの発信を通して、全国の限界集落の地方創生のロールモデルを目指し、今後も様々な事業を展開しています。

KITO DESIGN HOLDIGNS株式会社 公式webサイト  https://kito-dh.jp/
Red Dot Design Award 公式webサイト  https://www.red-dot.org/
関連記事:SUUMOジャーナル/人口1000人の限界集落に「未来コンビニ」! “世界一美しいコンビニ”が徳島・木頭を変える? https://suumo.jp/journal/2021/04/02/179193/

本リリース・取材に関するお問い合わせ先
KITO DESIGN HOLDINGS株式会社 広報 原
TEL: 090-4869-2707/Email: pr@kito-dh.jp 

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング