全国主要10都市100地点でのキャリア別新型iPad通信速度調査

PR TIMES / 2013年12月2日 14時31分



------------------------------------------------------------------------------

100地点のうち、上り84地点、下り76地点でソフトバンク優勢

------------------------------------------------------------------------------

マーケティングリサーチを行う株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行っております。今回2013年11月8日(金)~11月24日(日)の17日間、全国主要10都市の主要スポットにて「全国主要10都市100地点でのキャリア別新型iPad通信速度調査」を実施いたしました。


【調査概要】
1. 調査の方法:ソフトバンク、auの「iPad Air」を利用。「RBB TODAY SPEED TEST」アプリケーションを使い、各キャリア設定を同設定とし、各地点3回ずつ計測を実施し、その平均値を実測値とした。
2. 測定地:札幌、仙台、新潟、東京、横浜、名古屋、大阪、高松、広島、福岡の10都市における10ヵ所
3. 調査実施日:2013年11月8日(金)~2013年11月24日(日)


<調査背景>
年末年始の休暇で国内旅行に出かける際、11月1日に発売された新型iPadで地図や観光サイトを見ながら観光する人も多いのではないでしょうか。そこで全国主要10都市、100地点での通信速度調査を行いました。報道の一資料として、ぜひご活用ください。

◆「全国主要10都市100地点でのキャリア別新型iPad通信速度調査」 調査結果

■全国平均速度ではソフトバンクが、上り13.58Mbps、下り25.05Mbpsを記録。auに4.32Mbps、下り6.49 Mbpsの差をつける結果に。100地点のうち、上り84地点、下り76地点でソフトバンク優勢

■都市別の平均速度では、上り速度でソフトバンクは全都市優勢。下り速度では新潟のみauが優勢

■それぞれ下り平均速度において、ソフトバンクは「東山スカイタワー」で50.47Mbps、auは「名古屋大学」で50.08Mbpsの最高速度を記録


■全国平均速度ではソフトバンクが、上り13.56Mbps、下り24.62Mbpsを記録。auが上り9.45Mbps、下り19.02Mbpsでソフトバンクに差をつけられる結果に。100地点のうち、上り84地点、下り76地点でソフトバンク優勢

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング