客室設置型タブレット『ee-TaB*(イータブ・プラス)』 2014年11月15日(土)より『レンブラントホテル厚木』にて導入開始

PR TIMES / 2014年11月17日 15時41分

神奈川県・本厚木の地域情報を多言語対応で拡大

テックファーム株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:千原信悟)が、株式会社ミライト(本社:東京都江東区、代表取締役社長:鈴木正俊)と業務提携し販売している、ホテルや旅館の客室設置型タブレット『ee-TaB*(イータブ・プラス)』は、訪日外国人をターゲットとして、本年11月よりビジネスホテル向けサービスを開始いたしました。今回は、シティホテル向けに、地域密着情報・館内案内などの動画コンテンツをさらにバージョンアップし、その内容が11月15日(土)より、『レンブラントホテル厚木』(所在地:神奈川県厚木市)の全164室に導入されました。




■ 本厚木の“厳選店舗情報”を多言語で提供
「ホテル周辺のおススメ情報」
ホテルからアクセスの良い、「本厚木駅」周辺情報や、ホテル関係者・地元有識者のおススメ情報を独自に仕入れ、実際の取材に基づく動画・写真・記事を掲載しています。(本サービスは2014年12月1日配信開始予定)
地元住民行きつけのお店等、外国人観光客をはじめとする宿泊客が、『ee-TaB*』でしか知ることのできない地域密着情報を動画で紹介します。本厚木の中核ホテルとして、地元商店の活性化に力を入れている『レンブラントホテル厚木』ならではのオリジナルコンテンツを盛り込んでいます。
『天然鮎の塩焼き』や『シロコロホルモン』など、本厚木の地元の食材を中心に取材。各店舗での実際の調理シーン・試食レポート・アクセスマップなどを掲載しています。

(画像:『ee-TaB*』レンブラントホテル厚木導入版)
■ プリペイドSIMの販売
近年の訪日外国人の急増に伴い顕著となっている、日本の公衆Wi-Fi環境不備を背景として、『レンブラントホテル厚木』では『ee-TaB*』のオプションサービスとして、フロントでのプリペイドSIMの販売を検討しています。これに伴う、多言語での設定・操作案内を『ee-TaB*』で提供することで、外国人訪日客へのサービス向上を実現します。

■ 32インチ大画面の筐体版『ee-TaB*』設置
『レンブラントホテル厚木』では、ホテルロビーに32インチ大画面の『ee-TaB*』設置を検討しています。宿泊客のみならず、食事・宴会・ブライダルなどで来館したお客様にも広く『ee-TaB*』をご利用いただくことが可能となります。館内外で実施するイベントと連携したコンテンツの掲載も予定しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング