1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

家庭用カラオケ「スマカラ」 2012年 年間リクエストランキング発表! 家カラでは、ヘビーローテーションをおさえて1位がマル・マル・モリ・モリ!

PR TIMES / 2012年12月13日 18時12分

株式会社サン・ホームエンターテインメント(本社:東京都品川区 以下、同社・代表取締役:楮修(かじおさむ))は、「2012年 家庭用カラオケ“スマカラ“年間リクエストランキング」の調査を実施しましたので、ご報告致します。
http://prtimes.jp/a/?f=d4195-20121213-8326.pdf



■2012年 家庭用カラオケ“スマカラ“年間リクエストランキング TOP10
(2012年1月1日~12月10日にかけて、家庭用カラオケ“スマカラ“で歌われた楽曲を集計)

1位 マル・マル・モリ・モリ! / 薫と友樹、たまにムック。
2位 ヘビーローテーション / AKB48
3位 北国の春 / 千昌夫
4位 さざんかの宿 / 大川栄策
5位 ひとり長良川 / 水森かおり
6位 ハナミズキ / 一青窈
7位 酒よ / 吉幾三
8位 北の旅人 / 石原裕次郎
9位 酒のやど / 香西かおり
10位 アンパンマンのマーチ / それいけ!アンパンマン ドリーミング

楽曲別リクエストランキング1位は、「マル・マル・モリ・モリ!」(薫と友樹、たまにムック。)、2位「ヘビーローテーション」(AKB48)、3位「北国の春」(千昌夫)という結果になりました。
1位の「マル・マル・モリ・モリ!」は、家庭用カラオケのユーザーに「デジタルキッズ」が多いため、リクエスト数が増加しました。

2位の「ヘビーローテーション」は、家庭用カラオケ以外のカラオケ施設でも常に上位のリクエスト数を誇る楽曲であり、広く人気を集めていることが分かります。そして、3位の「北国の春」は、家庭用カラオケのユーザー層で、「子供」に次いで多い、「シニア」に支持されたため、ランクインしました。

また、全体を俯瞰してみると、「子供」や「シニア」に人気の楽曲がランクインしていることから、家庭用カラオケのユーザー層を反映した結果になっています。

※上記のデータをご使用になる場合は、「スマカラ調べ」と記載して頂きますよう、宜しくお願い致します。


■スマカラとは
家庭用No.1の9万3千曲以上の楽曲を、iPhone/iPadなどとTVにつないで楽しめる世界初の家庭用動画通信カラオケSmart Karaokeの略称です。詳しい情報は右記URLより見ることができます。 ( http://smartkaraoke.jp/)

■スマカラを利用するためには
スマカラ専用アクセサリ、スマカラアプリ、iPad/iPhone/iPod touchを揃えて、カラオケ利用券(20曲350円チケット/月額1,200円の歌い放題チケット)を購入し、TVと接続すれば3G/Wi-Fi 環境でいつでも本格的なカラオケが楽しめます。

■スマカラをダウンロードするには
下記URLよりスマカラアプリをダウンロードしてください。指定の50曲は、スマカラ専用アクセサリがなくても何度でも視聴可能です。 http://itunes.apple.com/jp/app/id461586095?mt=8

■スマカラの販売店
全国の家電量販店、EC サイト(Amazon 等)でお買い求めいただけます。詳しい取り扱い販売店は下記URLをご覧ください。 http://smartkaraoke.jp/buy/

■トピックス
AppStoreのApp+アクセサリカテゴリーにてオススメアプリとして紹介 (現在も掲載中)
iPadトップセールスランキングのミュージックカテゴリーで1位を獲得(2012/10/9付け)
テレヒ゛東京/ワールト゛ヒ゛シ゛ネスサテライトの「2012年日経MJヒット商品番付」(2012年12月4日)内で紹介されました!

■株式会社サン・ホームエンターテインメントについて
 「Innovation by your side」をミッションとし、あらゆる生活者にとって革新的なことを身近にしていくエンターテインメントカンパニーを目指しています。その第一弾としてホームカラオケのサービスを展開していきます。

代表取締役社長 楮 修 (Osamu Kaji) プロフィール
1947年神戸市生まれ。国立名古屋工業大学機械工学科を卒業後、三菱原子力工業株式会社(現 三菱重工業)に入社。 1992年に同社を退職。1992年に株式会社セガに入社し、メガドライブ、セガサターン、ドリームキャストの開発の中心を担った。その後、2003年に、旧株式会社セガ・ミュージック・ネットワークスに転籍。2007年同社代表取締役社長就任。2008年に同社の買収に伴い株式会社BMBの常務取締役に就任。2009年にBMBを退社し、2010年9月に株式会社サン・ホームエンターテインメントを創業。

■本件に関するお問い合わせ
株式会社サン・ホームエンターテインメント
住所:東京都品川区東五反田1-7-11 アイオス五反田アネックス
PR担当:前澤 湯川
E-mail:PR@san-he.co.jp  TEL:03-6277-3071  FAX:03-6277-3072 

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング