『ちりとてちん』から5年、貫地谷しほりが満を持して最強ネガキャラに挑む!? BSプレミアム『おふこうさん』1月7日(火)スタート

PR TIMES / 2014年1月6日 13時4分

毎度、多大なるお不幸をおかけします――。1月7日(火)放送開始の『おふこうさん』で、貫地谷しほりさんが類まれなる“不幸パワー”の持ち主に!



聞いてください、“おふこうさん”の不幸話。
彼女の不幸に笑って泣いて、ホントの『幸せ』探しませんか?

1月7日(火)、BSプレミアムにて放送スタートの『おふこうさん』でヒロイン・千倉つぐみを演じるのは貫地谷しほりさん。
このヒロインつぐみの愛称は、“おふこうさん”。彼女が関わると、まわりの人間が必ず不幸になってしまうという、類まれなる“不幸パワー”の持ち主です。
貫地谷さんと言えば、5年前に放送された朝ドラ『ちりとてちん』(現在、BSプレミアムで朝7時15分から再放送中)で、超後ろ向きなヒロインを演じていました。なんでもネガティブに受け止めて、物事を悪い方へと妄想してしまう喜代美役は彼女のハマり役であり、視聴者からも熱烈な支持を受けました。

  『おふこうさん』の台本を読んだときに、まず最初に思ったのは、つぐみって『ちりとてちん』の喜代美にちょっと似てない?…って。
  (貫地谷さん談。番組HPインタビューより)

『おふこうさん』のヒロインつぐみもネガティブ・シンキングにかけては、喜代美に負けないキャラです。さらには、つぐみが不幸の妄想をするとそれが現実化して、周囲を不幸に巻き込んでしまうという、一段と恐ろしいパワーを持った女性でもあります。ドラマの後半では、つぐみのせいで巨大隕石が地球に激突!? なんて危機がやって来るかも…。

5年ぶりに満を持して、貫地谷しほりさんが演じる最強ネガキャラ・千倉つぐみ。哀しくもおかしい“日本一の不幸女”のドラマをお楽しみに。

<第1話あらすじ>
千倉つぐみ(貫地谷しほり)は周囲を不幸にすることから、地元では“不幸女”と恐れられていた。妹に結婚話が持ち上がり、つぐみは愛する家族を不幸にできないと上京を決意。だが早々に栄(萩原聖人)を事故に巻き込み、なぜか栄の経営するレンタルオフィスで働くことになる。前向きな起業家たちと働くうちに、自分も幸せになれるかも…と期待するつぐみだが、歓迎パーティーが始まると不幸な出来事が次々に起きてしまう。

【プレミアムよるドラマ『おふこうさん』】
・放送日時:2014年1月7日(火)スタート(連続8回)
  毎週火曜・午後11時15分~11時44分(BSプレミアム)
・作:福原充則、北川亜矢子、吉田ウーロン太
・主題歌:ねごと「真夜中のアンセム」
・出演:貫地谷しほり、萩原聖人、木南晴夏、澤部佑(ハライチ)、永瀬匡/大倉孝二、伊武雅刀 ほか
・番組ホームページ:http://www.nhk.or.jp/drama/ofukosan/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング