認証・DHCPアプライアンス「Account@Adapter」Version 5.05 をリリース

PR TIMES / 2014年7月17日 11時29分

認証サーバーの運用負荷を軽減

このたび、日立電線ネットワークス株式会社(以下、「当社」といいます)は、自社開発・販売をしている認証・DHCPアプライアンス「Account@Adapter」(アカウントアダプター)の機能を強化した「Account@Adapter Version 5.05」をリリースしました。ユーザーアカウントの変更やRADIUSクライアントの追加などに伴う管理者の運用負荷を軽減することができます。



【Version 5.05 の主な機能強化の概要】

■端末アカウント削除機能の強化
Account@Adapter と連係させている外部LDAP サーバーの登録内容を定期的に確認し、外部LDAP サーバーのユーザーアカウントの削除に連動し、削除されたユーザーアカウントが管理者になっているAccount@Adapter 上の端末アカウントを自動的に削除する機能を実装しました。この機能により、外部LDAP サーバーから削除されたユーザーアカウントが管理していたAccount@Adapter 上の端末アカウントの削除漏れを防止し、管理者の負荷を軽減します。

■RADIUS クライアントをネットワークアドレス単位でまとめて登録
ネットワークアドレス単位で複数のRADIUS クライアントをまとめて登録できるようにしました。同じネットワークアドレスの範囲に複数のRADIUS クライアントが存在する場合、ネットワークアドレス単位でまとめて登録することにより、RADIUS クライアントの登録負荷を軽減します。

■ユーザーアカウント申請結果表示のカスタマイズ機能を強化
ユーザーアカウントの新規申請や訂正などの各種申請後に表示される処理結果画面に、任意のメッセージを表示できるようにしました。たとえば、ゲストユーザーがアカウント申請したあとに、そのゲストユーザーをポータルサイトへ誘導したい場合には、ポータルサイトのリンク先を処理結果画面に表示させることで、容易に誘導できます。
この任意のメッセージ表示機能は、以下のユーザー申請操作(1.~6.)をしたあとに表示される処理結果の画面に適用できます。
1.ユーザー新規申請 2.ユーザー申請の訂正 3.端末新規申請 4.端末申請の訂正 5.ユーザー削除申請 6.端末削除申請
なお、PC 向け画面、スマートデバイス向け画面ともに同じファイルを利用するため、両方の出力イメージを考慮してメッセージ画面を作成することで、PC、スマートデバイスともに適切に表示できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング