世界で最初のWi-SUN認定試験所として、Wi-SUN無線適合性試験サービスを開始

PR TIMES / 2013年11月21日 11時36分

テュフ ラインランド グループ(グループ本社:ドイツ ケルン)は、2013年11月より国際無線標準規格「Wi-SUN」の無線適合性試験サービスを開始しました。グループ企業であるテュフ ラインランド ジャパン(本社:横浜市)およびテュフ ラインランド オブ ノースアメリカ(米国:カリフォルニア州)は、Wi-SUNアライアンスより、Wi-SUNの無線適合性試験サービスを行える試験所として、世界で最初に認定されています。



Wi-SUNは、日本国内の次世代計量器「スマートメータ」とエネルギー管理システム機器(HEMSなど)に実装されることが決定している、国際標準規格IEEE802.15.4g/eに準拠した通信技術で、今後、急速に市場に普及することが期待されます。


日本国内のスマートハウスやビルにおいて、スマートメータと家庭内機器との間の通信に、国際無線標準通信規格「Wi-SUN」を用いる場合、対象機器(スマートメータ、HEMS機器、他)は、機器間の適合性および相互運用性の確保のため、Wi-SUNアライアンスが指定する認証試験に合格する必要があります。このたび、テュフ ラインランド ジャパンがサービスを開始する無線適合性試験は、この認証試験のひとつです。


テュフ ラインランドは、今後急速に拡大することが予想されるスマートコミュニティーに対し、公正中立な第三者認証機関として、企業や家庭内の効率的で安定したエネルギー監理の実現に貢献してまいります。


テュフ ラインランドについて
テュフ ラインランドは、140年の歴史を持つ世界でもトップクラスの第三者検査機関です。65ヵ国に拠点があり、従業員数は17,200人、年間売上高は15億ユーロにのぼります。第三者検査のエキスパートとして、人々の暮らしのあらゆる面で、品質、安全、環境、テクノロジーを支えています。産業用装置や製品、サービスの検査だけではなく、プロジェクト管理や企業のプロセス構築もサポートしています。また幅広い業種、職種について、専門的なトレーニングも実施しています。こうしたサービスは、テュフ ラインランドの認定ラボや試験設備、教育センターのグローバルネットワークによって支えられています。テュフ ラインランドは、2006年より国連グローバル・コンパクトのメンバーとして活動しています。ウェブサイト: www.tuv.com/jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング