シアンス・アール ペーパーレス会議「MEET MEETING」に 4つの新機能追加!議事録作成、画面拡大/縮小の同期が可能に。

PR TIMES / 2014年5月15日 9時47分

~多くのお客様の声にお応えして、実用的な機能を取り揃えました!~

株式会社シアンス・アール(代表取締役社長:平岡 秀一、本社:東京都中央区)は、ペーパーレス会議システム「Meet Meeting」(ミートミーティング)の新バージョンをリリースいたします。





「Meet Meeting」は、使いやすさ、わかりやすさを重視した、誰でも直感的に使えるペーパーレス会議システムです。
「Meet Meeting」のシンプルさをそのままに、よりペーパーレス会議が使いやすく便利になる4つの機能を追加いたします。

【新バージョンで追加される機能】

  1. 画面拡大/縮小の同期

  2. 議事録作成

  3. 事務局支援(会議主催者の任意指定)

  4. ユーザの別名グループ(エイリアスグループ)登録


【画面拡大/縮小の同期があれば!】
発表者が会議資料を拡大すると、画面を共有している参加者の画面も、連動して拡大されます。
⇒A3用紙に細かいデータが入力されているExcelの資料でも、ポイントがはっきり伝わります。参加者は腕組しながら画面を眺めているだけでOKです。


【議事録作成があれば!】
過去の会議情報を見れば、いつでも議事録と一緒に資料も参照できます。
⇒会議情報はサーバで一元管理されます。従来のように議事録がメールに埋もれる心配がありません。


【事務局支援機能があれば!】
会議体の役割に合わせ、事務局が会議を登録し、議事進行者が会議を自由にコントロールすることができます。
⇒議事進行者は会議の進行に集中でき、会議事務局は、ペーパーレス化により作業負担が大幅軽減されます。


【ユーザの別名グループ(エイリアスグループ)登録なら!】
出席者を組織図から指定する際に、メーリングリストのように、異なる部署のユーザをまとめたグループから指定することができます。
⇒定例会議のように、参加者が固定されている場合や、部署を隔てた役職者会議の場合も、簡単に会議を登録することができます。


■価格

 25ユーザ:60万6125円~

■動作環境

サーバ環境(同時接続100ユーザでの推奨構成)

-OS

  UNIX、Linux、Microsoft Windows

-H/W

  CPU:4コア×2、HDD:100GB以上、RAM:16GB以上

-データベース

  Microsoft SQL Server、MySQL

-S/W

  Microsoft Office (Office製品で作成した会議資料を利用する場合に必要)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング