よく行くファーストフードチェーンは1位「マクドナルド」、2位「ミスタードーナツ」、3位「モスバーガー」! 男女で好みが分かれる結果に!

PR TIMES / 2013年9月13日 11時39分

~ファーストフードチェーンの5700人アンケート~

 フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬博)は、株式会社クレディセゾンとの共同事業として、2013年2月1日にサービスを開始した「レシートで貯める」のアンケートモニターにハンバーガーやドーナツ、サンドウィッチなどのファーストフードチェーンの利用実態調査を行いました。
 顧客が低価格にも慣れ、厳しい競争となっているファーストフードチェーンの利用者の実態について10代~80代の男女5,708名(女性3,850名、男性1,858名)を対象に2013年7月4日に調査を実施しました。



◆よく行くファーストフードチェーンは、1位マクドナルド、2位ミスタードーナツ、3位モスバーガー!


 よく行くファーストフードチェーンについて聞いたところ、1位「マクドナルド」68%、2位「ミスタードーナツ」45%、3位「モスバーガー」33%となり、ついで「ケンタッキーフライドチキン」28%、「サブウェイ」11%、ロッテリア「8%」、「クリスピー・クリーム・ドーナツ」5%、「フレッシュネスバーガー」4%となりました。


◆最も好きなファーストフードチェーンでは、「モスバーガー」が2位!


 よく行くファーストフードチェーンの中で最も好きなファーストフードチェーンの上位5位は、1位「マクドナルド」33%、2位「モスバーガー」25%、3位「ミスタードーナツ」17%、4位「ケンタッキーフライドチキン」9%、5位「サブウェイ」6%となりました。よく行くファーストフードチェーンでは3位の「モスバーガー」が、好きなチェーンでは2位となり、顧客が好んで来店している様子がうかがえます。
 男女別にみると、好みが分かれ、1位の「マクドナルド」は女性29%、男性42%と10ポイント以上も差が開きました。2位「モスバーガー」は女性25%、男性24%で大きな差はなかったものの、3位「ミスタードーナツ」では、女性21%、男性11%と10ポイント差が開き、男性に人気の「マクドナルド」、女性に人気の「ミスタードーナツ」という構図がみてとれます。
 年代別にみると、どの年代でもトップは「マクドナルド」でした。
 「マクドナルド」が好きな理由については、「価格が安いし、ちょっと食べるくらいの量を単品で頼める。」(41歳既婚女性/好きなチェーン:マクドナルド)や「比較的値段が安い。割引クーポンが定期的に取得できるから。」(47歳未婚男性/好きなチェーン:マクドナルド)、「100円バーガーなど価格が安い。ドリンクも安くて豊富である。」(56歳既婚男性/好きなチェーン:マクドナルド)など、クーポン等による割引や価格がポイントとなっているようです。
 「モスバーガー」が好きな理由については、「野菜が新鮮で、生産者の表示があるので安心。注文してから作るので、出来立てでおいしい」(32歳未婚女性/好きなチェーン:モスバーガー)や「モスバーガーは、注文してから作るので、時間がかかるのですが、電話してから取りに行くと電話代として10円いただけます。なんと言っても、作り立てなので美味しい。」(39歳既婚女性/好きなチェーン:モスバーガー)など、新鮮さや美味しさがポイントになっているようです。
 「ミスタードーナツ」が好きな理由については、「ドーナツ100円セールは、菓子パンより安くておいしいのでよく買う。ポイントカード、景品。特に年末の手帳はデザインや使い勝手がよく、さらにクーポン券が巻末についていてとても楽しみ。」(49歳既婚女性/好きなチェーン:ミスタードーナツ)や「ドーナツやコーヒーがおいしいから。100円セールをよくやっていて、友人宅などに持っていくのに手軽だから。」(39歳既婚女性/好きなチェーン:ミスタードーナツ)など、オリジナルの景品やお得な100円セールが人気のようです。
 他のチェーンについても、「オリジナルチキンが国産鳥使用で安心なのと、スパイズが独特でおいしい。」(34歳未婚女性/好きなチェーン:ケンタッキーフライドチキン)や「○○多めにして下さい。○○は入れないで下さい。等、ある程度の要望を聞いて貰える所が好きです。」(44歳既婚女性/好きなチェーン:サブウェイ) など、ファーストフードチェーンそれぞれの特徴が選ばれる理由につながっていることがうかがえます。


◆ファーストフードチェーンの利用頻度は、「月1回程度」が42%、ついで「月2,3回程度」が29%


 ファーストフードチェーンに行く頻度については、「月に1回程度」42%、「月2、3回程度」29%、「半年に1回程度」15%、「週1回程度」10%となりました。年代別には大きな差はみられず、さまざまな年代の方に利用されているといえそうです。


◆ファーストフードチェーンの利用では、「お昼(12時~13時)」43%、「夜(17時~23時)」34%


 ファーストフードチェーンに行くタイミングについては、「お昼(12時~13時)」が最も多く43%、ついで「夜(17時~23時)」34%、「午後(13時~17時)」11%となりました。ファーストフードというと昼食の印象が強いですが、営業時間が長いこともあり、「夜(17~23時)」の利用も30%を超えています。


【調査実施概要】
対象:クレディセゾン社との共同事業「レシートで貯める」の10代~80代の会員
調査方法:当社「レシートで貯める」サイトを活用したインターネットリサーチ
調査地域:全国
調査日:2013年7月4日
有効回答者数:5708名
属性:[女性] 20代以下 4%、30代 22%、40代 26%、50代 12%、60代 3%、70代以上 0%
   [男性] 20代以下 1%、30代 6%、40代 13%、50代 8%、60代 4%、70代以上 1%


【過去のアンケート】

▼コーヒーチェーンの6500人アンケート
http://www.sbfield.co.jp/news/2013/08/30_110000.html

▼牛丼チェーンの5000人アンケート
http://www.sbfield.co.jp/news/2013/07/24_143000.html


【サービス概要】

 ■ サービス名: 購買理由データ提供サービス
 ■ クレディセゾン「永久不滅.com」サイト上のサービス名: 『レシートで貯める』
 ■ 購買理由収集対象者: 800万人のクレディセゾンのネット会員の内、当サービス登録会員
 ■ 購買理由収集の方法:
  - 指定カテゴリー(約40カテゴリー)の商品を実際に購入した会員が、その購買理由をレシート画像と共に報告
  - 登録会員に、対価としてクレディセゾンが運営するポイントサイト「永久不滅.com」にてポイントを付与
 ■ 購買理由データの販売先: 消費財メーカー
 ■ 購買理由データの提供方法: 契約企業に専用WEBサイトを通してデータを提供
 ■ 当事業の特長:
  - 日本初のレシートによる購買証明付き購買理由データ
  - 800万人のクレディセゾンのネット会員を基盤とした購買理由情報
  - 週次POSデータとの連動分析を可能とする週次購買理由データ
 ■ サービス詳細参照ページ:  http://www.sbfield.co.jp/service/pob.html
 ■ 購買理由データ提供事業の全体図:


【ソフトブレーン・フィールド株式会社 会社概要】

 ソフトブレーン・フィールド株式会社は、ソフトブレーン株式会社(市場名:東証1 部・4779、本社:東京都中央区、設立年月日:1992年6 月17 日、代表取締役社長:豊田浩文)のグループ会社として、全国の主婦を中心とした登録スタッフ約46,000 名のネットワークを活用し、北海道から沖縄まで全国のドラッグストアやスーパー、コンビニ、専門店など100,000店舗以上をカバーし、営業支援(ラウンダー)や市場調査(ミステリーショッパー、店頭調査など)を実施しています。
 当社代表の木名瀬博は、2004年にアサヒビールの社内独立支援制度に応募し、合格第1号事業として独立しました。

本社所在地 :東京都千代田区有楽町2-2-1 ラクチョウビル7階
設 立 :2004 年7 月
資本金 :151,499,329円
代表取締役社長 :木名瀬 博
URL : http://www.sbfield.co.jp/


【サービスに関するお問い合わせ先】

ソフトブレーン・フィールド株式会社
山室(やまむろ)/太田(おおた)
TEL:03-5537-5496 FAX:03-5537-5982
お問い合わせフォーム: https://www.sbfield.co.jp/inquirytop/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング