クリエイターの祭典「ハンドメイドインジャパンフェス2014」に協賛し「PayPal Here」を活用したキャッシュレスイベントの実現を支援

PR TIMES / 2014年6月30日 11時31分

2014年7月19日(土)・20日(日) 11:00~19:00 @東京ビッグサイト

日本 PayPal 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:多田 彰、以下「日本PayPal」)とPayPal Pte. Ltd.(本社:シンガポール、東京支店 カントリーマネージャー:エレナ・ワイズ(Elena Wise)、以下「ペイパル」)は、2014年7月19日(土)・20日(日)に東京ビッグサイトで開催される「ハンドメイドインジャパンフェス2014」に協賛し、イベント会場でのキャッシュレスな買い物を実現する決済インフラとして、モバイル決済ソリューション「PayPal Here」を提供することをお知らせします。

本イベントの出展者は、ペイパルが提供するモバイル決済ソリューション「PayPal Here」を活用することで、商品の販売時の決済手段としてクレジットカード決済や、キャッシュレスで支払いができる顔パス感覚の「ペイパル チェックイン支払い」の受け付けが可能となります。また、イベント当日、「ペイパル チェックイン支払い」をご利用いただくお客さま(買い手)を対象に、当日販売の入場券が200円割引き、対象フード商品が300円割引きで購入できるキャンペーンを実施いたします。

今回のイベント開催にあたり、運営会社である株式会社クリーマの丸林耕太郎代表取締役社長は、次のように述べています。「この度『ハンドメイドインジャパンフェス2014』の開催を迎えることができ、非常に嬉しく思っております。第2回目の開催である今年は、決済インフラとして『PayPal Here』を導入します。クレジットカード支払いと『ペイパル チェックイン支払い』ができる環境を提供することで、来場するお客さまはより簡単で便利にお買い物を楽しむことができ、また出展者は『PayPal Here』を利用することで、クレジットカードによる支払いの便利さだけでなく『ペイパル チェックイン支払い』を通じてお客さま(買い手)とのコミュニケーションを楽しみながらイベントに参加出来るようになっています。」

なお、イベント期間中は会場内のペイパル特設ブースにおいて、ペイパルアカウント登録や「PayPal」アプリの利用方法など、お客さまのサポートを行います。

「ハンドメイドインジャパンフェス2014」は、ものづくりに情熱を傾ける全国約3,000名の個人クリエイターが東京ビッグサイトに一同に集まる、日本最大級のクリエイターの祭典です。ペイパルは、本イベントへの協賛により、クリエイターやアーティストなどの個人事業者にペイパルの決済サービスの利便性を訴求するとともに、来場者の方にも会場内での支払いにご利用いただくことで、さらなる認知獲得を図ってまいります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング