確定申告受付スタート! 申告準備の“あきらめ”経験率、最多は「20代女性」64.3%! マネーフォワード 確定申告、7割以上のユーザーが「準備作業を短縮できそう」

PR TIMES / 2014年2月17日 16時25分

重宝ポイント1位は「口座情報の自動取得機能」[今年、確定申告をする必要がある20~60代の男女600名および「マネーフォワード 確定申告」のユーザー117名アンケート]

 自動家計管理・資産管理ツールを提供する株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO 辻庸介、以下マネーフォワード)は、2013年分確定申告書の受付開始にともない、今年、確定申告をする必要がある20~60代男女600名と、専門知識がなくても、手間なく簡単な確定申告を可能にするクラウド型会計ソフト「マネーフォワード 確定申告」のユーザーを対象に実施した「確定申告に関する調査」の結果を発表いたします。





 日本国内では、2,000万人を超える人が確定申告の準備をおこなう必要があると言われていますが、その作業量の多さから、申告準備を「面倒」だと感じている確定申告者は多く、申告準備作業を効率化したいニーズは高まってきています。今回の調査結果からは、『マネーフォワード 確定申告』ユーザーの7割以上が「申告準備作業を短縮できそう」、そのうち4人に1人が「1週間以上短縮できそう」と答え、ユーザーの多くが「仕訳作業の自動化」等による作業効率化を実現できていることが明らかになりました。
 さらに、確定申告をする必要がある方に聞いた申告準備期の苦労に関する質問では、確定申告者の3人に1人、中でも20代女性の6割以上が「申告準備をあきらめたくなったことがある」と回答した一方で、申告準備の“あきらめ”経験率は年代が上がるにつれて低くなる傾向が見られ、申告シーズンにそなえた自分なりのノウハウ・手段を持つことが、申告準備作業への取り組みに大きく関わることが垣間見える調査結果となりました。

【調査結果トピックス】==========================================================
1. 申告準備を「断念したくなったことがある」は33.8% 20代女性の”あきらめ”経験率は6割超え!
2. 日頃の工夫は「レシート等のこまめな整理(67.0%)」と「収支の記録(42.5%)」をするしかない!?
日頃の整理が苦手な人に朗報!領収書読み込みアプリ※、「活用できると思う」83.2%
※・・・スマートフォン等で撮影頂いた領収書のデータを、自動でマネーフォワード 確定申告にアップロードするアプリです。
3. マネーフォワード 確定申告、7割以上のユーザーが「準備作業を短縮できそう」と回答
4. マネーフォワード 確定申告、重宝機能ランキング、1位「口座情報の自動取得機能」
2位「仕訳の自動学習」 3位「Mac対応」
=============================================================================

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング