スカイスキャナーが2015年のホットな旅行先を予測

PR TIMES / 2014年11月26日 17時18分

沖縄のほか、シェリムアップやコロンボが人気急上昇

海外旅行検索サイト、スカイスキャナー(本社:エディンバラ、代表取締役社長:ガレス・ウィリアムズ)は2015年に日本市場で人気が急上昇すると予想される旅行先を過去の同社ウェブサイトやアプリの航空券検索、トレンド動向から研究致しました。その結果、過去3年*を通じて沖縄、シュリムアップ(カンボジア)、台北(台湾)、コロンボ(スリランカ)、ソウル(韓国)、ゴールドコースト(オーストラリア)の人気が年平均で6~52%と急上昇しており、今後も引き続き旅行者が増加すると予測しています。



また、2013年1月~12月の検索データでは、シュリムアップ以外の上記5都市のほか、アメリカ・フロリダ州の東部にあるビーチ・リゾート都市フォートローダーデールやギリシャのミコノス島の検索もそれぞれ30%、14%と急速に増加しています。

交通網の充実や様々な商業・宿泊施設の建設状況などから、2015年もこれら8都市は引き続き注目スポットになると考えられます。

人気急上昇中の各都市の順位や詳細情報については下記「人気急上昇の旅行先概要」をご覧ください。また、スカイスキャナーのサイトには、世界的に人気が上昇しているスポットを掲載しております。

▼スカイスキャナーサイト関連ページ
http://www.skyscanner.jp/news/
(「2015年世界の人気旅行先」をご参照ください)

*2011年1月1日~2013年12月31日の3年間のスカイスキャナーでの検索データを参照。


【人気急上昇の旅行先概要】


2011-2014年の上昇率平均値が高い都市   

※()内は2011~2014年平均上昇率

1位 沖縄(+52%)
世界トップレベルのダイビングスポットであり、美しいホワイト・ビーチやジャングルが残る沖縄。琉球王朝のグスクである首里城をはじめとする9ヶ所がユネスコの世界遺産として登録されています。2012年以降、星のややリッツカールトンなどの高級リゾートがオープンし、リラクゼーションを求める人々が多く訪れるようになっています。2013年に大型機用の滑走路を有する新石垣空港がオープンし、LLCも多く発着するようになり、休日を沖縄で過ごす日本人旅行客が増加中です。

2位 シェリムアップ(+20%)
2013年には春秋航空やエアチャイナ、香港ドラゴン航空、エアプサンなど新たに6キャリアが発着するようになり、日本からアクセスしやすくなったほか陸上交通も改善。パークハイアットの系列であるホテル・ドゥ・ラペが改良され、MHGも39室のスウィートを擁するブティックリゾートホテル「アナンタラ・アンコール・リゾート&スパ」をオープンするなど、高級リゾートが続々と建設されています。2014年の1-3月にシェリムアップを訪問した日本人は、前年同時期より13.6%も増加しました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング