1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

SUPER GT GT 500 Astemo REAL RACINGとRDSがパートナー契約

PR TIMES / 2021年7月16日 15時45分

最速の舞台で生まれる技術・データを私たちの日常へ

株式会社RDS(東京都渋谷区 代表:杉原行里 /スギハラアンリ 以下、RDS)は、SUPER GT GT500クラスに参戦するレーシングチーム「Astemo REAL RACING」とスポンサー契約を締結しました。7月17日(土)~18日(日)で開催される2021 AUTOBACS SUPER GT Round4 MOTEGI GT 300km RACEよりスポンサードを開始します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/46050/13/resize/d46050-13-303e693efca9fbe4828b-1.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/46050/13/resize/d46050-13-29104ed58a66c80a0a26-2.png ]

■Astemo REAL RACINGについて
 国内最高峰の自動車レースのひとつであるSUPER GT GT500クラスに参戦するレーシングチームで、フォーミュラ・ニッポン、全日本GT選手権、ル・マン24で活躍した金石勝智が監督を務める。チームマシン「Astemo NSX-GT」のドライバーは、コンビ3年目となる塚越広大、ベルトラン・バゲット。
 昨年は2勝を挙げ、ランキングトップで最終戦に臨むも総合優勝を逃し、今年総合優勝が期待されるチームのひとつ。
[画像3: https://prtimes.jp/i/46050/13/resize/d46050-13-82b034d6a7d2783939e5-12.jpg ]



■ドライバー紹介

[画像4: https://prtimes.jp/i/46050/13/resize/d46050-13-4733b3e0e5ddd169f3fb-5.png ]

塚越広大
父親の勧めで6歳からレーシングカートを始め、12歳で公式戦にデビュー。その後、各クラスで勝利を重ねる。2005年にはフォーミュラドリームにフル参戦し、シリーズ全戦でポール・トゥ・ウインを達成。圧倒的な強さでチャンピオンに輝いた。2006年から2年間、全日本F3選手権にフル参戦し、2008年はマノー・モータースポーツからF3ユーロシリーズにフル参戦し、シリーズ・ランキング6位に輝く。2009年からは活動の場を再び日本に移して、国内トップカテゴリーであるスーパーフォーミュラとSUPER GTに参戦している。

[画像5: https://prtimes.jp/i/46050/13/resize/d46050-13-45831a7567fa6ec80fea-7.png ]

ベルトラン・バゲット
4歳でカートを始め、17歳で迎えた2003年にベルギーの選手権を制覇。翌04年はベルギーのフォーミュラ・ルノーへステップアップし、09年にはフォーミュラ・ルノー3.5選手権を制した。10年にはインディカー・シリーズに挑戦。翌11年はインディ500で7位に入賞したほか、GT1世界選手権2戦4レースに出場し活躍。12年は世界耐久選手権に舞台を移し、13年はLMP2クラスでタイトルを獲得。14年からSUPER GTのGT500クラスに参戦している。


■Astemo REAL RACING 代表 金石勝智コメント

[画像6: https://prtimes.jp/i/46050/13/resize/d46050-13-d6c57a4788b3b0e1d6d3-8.png ]

 この度、2021シーズンSUPER GT Rd.4もてぎ大会より 株式会社 RDSにサポートして頂ける事となり、大変嬉しく思っております。RDSのコンセプトである「今日の理想を、未来の普通に」というワクワクするキーワードをAstemo REAL RACINGとしてレースシーンでいかに発信できるかを考え、これから共に歩ませて頂けることを楽しみにしております。
 ファンの皆様、関係者の皆様、引き続き応援、お力添え宜しくお願い致します。


■RDS 代表 杉原行里コメント

[画像7: https://prtimes.jp/i/46050/13/resize/d46050-13-cb4199b1a7717adeb950-9.png ]

 この度、Astemo REAL RACINGとパートナーシップを結べたことを大変光栄に思います。なぜ、RDSが、パートナーシップを結ぶのか。それは、モータースポーツファンに限らず、多くの方々に関係する新しい日常、モビリティの未来にあります。
 RDSは、F1チームアルファタウリ・ホンダのパートナーをはじめ、車いす陸上 伊藤智也選手をテストドライバーに迎えた車いすレーサーの開発、ソチ・北京で計7個のメダルを獲得したパラアスリートへの技術提供など、様々な形でスポーツに関わっています。この全てに共通しているのは、最速の舞台は研究開発の場でもあり、そこで生まれる技術・データが、新しい日常をつくっていくという考えです。このパートナーシップがモータースポーツファン、そして多くの人にとって有意義なものとなり、多くの人がSUPER GTそしてモータースポーツに関心を持つきっかけになれば幸いです。

■You tube RDS公式チャンネル「RDS RACING 」
【RDS RACING vol2】SUPER GTドライバー「ベルトラン・バゲット」選手の超貴重なカート走行!
https://www.youtube.com/watch?v=qUujwV9IwQY&list=PLjWiKR3nZUoJHyrx3eUWNTZ7JKOMbgvRj&index=3&t=63s
[画像8: https://prtimes.jp/i/46050/13/resize/d46050-13-e3b645edd50f0cdcff3e-10.png ]


■株式会社RDSについて
 RDSは、「今日の理想を、未来の普通に。」をコンセプトに、新しいデザインそしてモノ作りのカタチを世界に発信するデザインテック企業です。様々な分野の専門家チームと最新の設備を備えた自社ファクトリーで、アイデアをすぐにプロトタイプに落とし込めることがRDSの最大の強みであり、デザイン・データ・テクノロジーをキーワードに、モータースポーツ、医療・福祉、最先端ロボットの開発など、多数の製品開発に携わってきました。2019年からは、F1チームのスクーデリア・アルファタウリ・ホンダとパートナーシップを結ぶなど、F1やパラスポーツなど、最高峰の舞台で生み出される先端技術を日常に落とし込み、ボーダレスな未来を実現していくことを目指しています。
 また、国際デザインコンペティション「A’ Design Award & Competition」では、カテゴリー最優秀賞のプラチナを受賞した「RDS WF01」をはじめ、2020年・2021年と2年連続で3プロダクトが表彰されるなど国内外で高い評価をいただいています。

会社名 株式会社RDS
URL    http://www.rds-design.jp/
設立     1984年 3月
代表者 代表取締役社長 杉原行里
所在地 東京デザインオフィス 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-8-6
      R&Dスタジオ 〒369-1211 埼玉県大里郡寄居町赤浜1860

facebook https://www.facebook.com/DESIGN.RDS
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCiv1AQwoolXy-mbvnHSPGug
HERO X http://hero-x.jp/
[画像9: https://prtimes.jp/i/46050/13/resize/d46050-13-67d666972823187dd480-11.jpg ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/46050/13/resize/d46050-13-a6da7201a2c362959de8-13.png ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング