1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ベルリンの壁崩壊を導き、歴史に名を残さなかった二人のコンフィデンスマンを描く 上山竜治×️腹筋善之介|舞台『アイ・ロン』

PR TIMES / 2021年10月12日 19時45分

1989年、閉塞した時代を切り開いたのは一般市民だった

『ウエスト・サイド・ストーリー』『レ・ミゼラブル』など活躍を広げている上山竜治と、細胞から大自然まで肉体のみで表現するパワーマイムという演出手法で多くの観客を魅了してきた腹筋善之介が演じる二人のコンフィデンスマンが、ベルリンの壁崩壊直前の東欧を舞台に市民の心を揺り動かす!



[画像1: https://prtimes.jp/i/53851/13/resize/d53851-13-3a3e2b814203fd7ee5dd-0.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/53851/13/resize/d53851-13-198c100d8aaafb8fa79d-1.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/53851/13/resize/d53851-13-d0d9088c88649bac1d44-6.png ]



公演概要

期間:2021年11月11日(木)17:30開場 18:00開演
   <アーカイブ配信あり>

会場:なかのZERO小ホール(東京都中野区中野2丁目9−7)

2021年10月24日(日)12:00発売
チケット料金:5,500円(税込)全席指定
アーカイブ配信チケット:2,900円(税込)
*生配信はありません。アーカイブは11/20(予定)~11/30まで視聴可能です

チケット詳細については公式サイトをご確認ください。
https://duobus.jp/iron2021/

キャスト
上山竜治 腹筋善之介
キタタカシ 吉田憲章 ドン・タクヤ


スタッフ
脚本・演出:腹筋善之介
舞台監督:木村篤 照明:阿部麻純 音響:早川和男 映像:株式会社アルデ 
美術:松岡泉 配信映像:ステージアップ
プロデューサー:右近和紗 企画製作:duobus株式会社

[画像4: https://prtimes.jp/i/53851/13/resize/d53851-13-816e4bbde5246b2b0313-2.jpg ]



作品紹介
1989年 東西冷戦の象徴だった
ベルリンの壁が崩壊した

この歴史的大事件は
二人の男が仕組んだ
奇抜な計画がきっかけであった

<ヨーロッパ・ピクニック計画>
ハンガリーの小都市ショプロンで
住民の交流と謳ったこのイベントの最中
自由を求める大量の東ドイツ国民が
西側のオーストリアに脱出
[画像5: https://prtimes.jp/i/53851/13/resize/d53851-13-1885e8e7c65262eda41a-5.jpg ]


この事件をきっかけに
東ドイツの民衆の心が大きく動き
東欧各国を巻き込んで
やがてベルリンの壁をも突き崩す

そこに暗躍した二人のコンフィデンスマンが
いたことは誰も知らない




キャスト


[画像6: https://prtimes.jp/i/53851/13/resize/d53851-13-b0e55ba4345e8996d7e6-4.jpg ]

上山竜治 俳優
2001~14年男性ユニット「RUN&GUN」として活動。03年に主演映画「ROUTE58」で俳優デビューを果たし『INTO THE WOODS』ジャック役に抜擢以降、ミュージカルからストレートプレイまで数多くの舞台に出演する。殺陣やアクション、ダンスを武器にフィールドを更に広げ、舞台や映画、TVドラマで活躍。主な近年の出演作に、舞台:『HOPE』『マリー・アントワネット』、『ウエスト・サイド・ストーリー』Season1、『レ・ミゼラブル』、『るろうに剣心』、『夢の裂け目』、ドラマ:『エアガール』、映画:「超高速!参勤交代 リターンズ」など。


[画像7: https://prtimes.jp/i/53851/13/resize/d53851-13-cecfe728dddd9dcdb7c1-3.jpg ]


腹筋善之介 脚本家・演出家・俳優
劇団「惑星ピスタチオ」の座長として、細胞から大自然まで肉体のみで表現するパワーマイムという演出手法で多くのファンを魅了。映画「さや侍」(2011年/松本人志監督)、NHK「世界遺産への招待状」ナレーションなどに出演。近年は子供ミュージカルの作品を手掛け高く評価されている。日本カバヤ・オハヨーホールディングス株式会社主催「岡山子ども未来ミュージカル」演出・上演台本、テアトルアカデミー株式会社主催「テアトルサマーミュージカル『WITH』」演出など。


[画像8: https://prtimes.jp/i/53851/13/resize/d53851-13-c0ff99b2b7cf1f1fa3ab-7.png ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング