1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

Red Bull新商品Red Edition Sampling Eventに3Dアドトラック「Phantom Zone MAT」が採用

PR TIMES / 2021年10月21日 12時45分

~名古屋・京都・大阪・神戸の4都市を周遊~



 Red Bull新商品「Red Bull Energy Drink Red Edition」の発売を記念して10月1日(金)~10月10日(日)にかけて実施された「Red Bull Red Edition Sampling Event」に、3Dアドトラック「Phantom Zone MAT※(ファントム ゾーン マット)」が採用され、名古屋・京都・大阪・神戸の4都市を周遊しました。

※Phantom Zone MATとは
株式会社Life is Style(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大貫誠)が提供する3Dホログラムディスプレイ「3D Phantom(R)(スリーディーファントム、以下「3Dファントム」)」を搭載した3Dアドトラック。
デジタルサイネージアワード 2021 優秀賞を受賞。
[画像1: https://prtimes.jp/i/80410/13/resize/d80410-13-d5ce7038e7c4c7290318-2.jpg ]

 イベントでは、Red Bull Energy Drink、Red Bull Energy Drink Red Editionのキービジュアルが3Dホログラム映像で浮かび上がったPhantom Zone MATとRed Bull SUGGA、3台のRed Bull MINIが列をなして、名古屋・京都・大阪・神戸の4都市を周遊。大阪・神戸の2都市では、Sampling Event会場にも常設展示されました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/80410/13/resize/d80410-13-66124b167c39bea260d9-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/80410/13/resize/d80410-13-b1e88677cabec0b916d2-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/80410/13/resize/d80410-13-0368d588c976bca9aecd-0.jpg ]

■3D ファントムについて
3D ファントムは株式会社Life is Styleが提供する、LED光源がライン状についたブレードを高速回転させ、光の残像によって映像を映し出し、インパクトのある3D映像を肉眼で体験できる3Dホログラムディスプレイです(専用メガネ等は不要)。1台約500gと軽量かつ複数台連携しての利用もできるため、場所を選ばず設置可能。他の映像配信装置との併用や音楽と連動させた演出のほか、遠隔操作による配信コンテンツの切り替えも簡単なため、店舗・商業施設・オフィスの空間演出やイベントなど様々なシーンで従来にない映像体験を提供することができます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/80410/13/resize/d80410-13-c4f11df9ce2af5545553-4.jpg ]

※3D ファントム公式サイト: https://phantom-3d.net/
※3D ファントム導入事例動画: https://www.youtube.com/watch?v=HZi8pBwjjp8&list=PLLSe8mP4Te8SfztPPoWXpMPcuEDfqaM1l

■株式会社Life is Style会社概要
「すべての人に新鮮な体験を提供するインフラとなる」をビジョンに掲げ、近未来感のある3Dホログラム 映像で新しい体験価値を提供するエクスペリエンスデザインカンパニーです。自社サービスの「3Dファントム」の提供を通じて、商業施設やイベント、屋外広告などで企業と生活者の新しい出会いづくりを進めていきます。
会社名:株式会社Life is Style
所在地:東京都渋谷区神宮前2-18-21 kurkku home 1F
設立:2017年1月6日
代表取締役:大貫 誠
事業内容:3D広告事業、映像コンテンツ事業、アプリケーション開発
URL: https://lifeis.style/
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCNnfttlAOhj14Z5LrcUF0FQ
Twitter: https://twitter.com/_3dphantom
Instagram: https://www.instagram.com/3dphantom/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング