再生可能エネルギー買取制度に対応可能な屋外単相パワーコンディショナ 「KP□Mシリーズ」の発売について

PR TIMES / 2012年9月18日 17時32分



オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:山田 義仁)は、戸建や集合住宅向け、さらには本年7月よりスタートした再生可能エネルギー買取制度(以下:買取制度)にも対応可能な屋外設置型パワーコンディショナ KP55M-J4:5.5kWタイプを2012年11月、KP44M-J4:4.4kWタイプを2012年12月にそれぞれ発売します。
また、オプションの操作ユニット:KP-SW1を2012年11月に同時発売いたします。


商品名(形式)           発売時期  販売目標(3年間累計)
パワーコンディショナ(KP55M-J4) ‘12年11月  150,000台
パワーコンディショナ(KP44M-J4) ‘12年12月  100,000台
操作ユニット(KP-SW1)      ‘12年11月  100,000台
                     (価格はすべてオープン価格)

このたび発売するKP□Mシリーズは、戸建向けの太陽光発電システムに加え、集合住宅や公共・産業用の小規模太陽光発電システムにも適した屋外設置型のパワーコンディショナです。特に、今後買取制度により伸びが期待される集合住宅や多店舗などでの発電容量50kW未満の小型太陽光発電システムに最適なラインアップを展開しています。
今年度の買取制度施行において、現在はメガソーラー導入への注目度が集まっていますが、今後は50kW未満の小規模太陽光発電システムが大幅に増加すると想定しています(※1)。国内におけるメガソーラーの建設には、広大な土地調達や電力系統への接続に時間を要するといった課題があります。そのため多店舗チェーンなどの店舗の屋根に小規模システムを搭載する点在型メガソーラーや屋根貸しビジネスが今後普及するものと思われます。
このような需要を受け、システムの短期間導入に貢献するために、オムロンの独自技術である多数台連系(※2)時の単独運転(※3)防止技術(AICOT(R):Anti-Islanding COntrol Technology)を搭載した屋外設置型のパワーコンディショナをリリースします。


<形KP□Mシリーズの買取制度利用のメリット>

1.独自技術のAICOT(R) を搭載しているため、パワーコンディショナの設置の制限を受けず、いたるところに太陽光発電システムを設置できます。さらに買取制度の手続きに必要な電力会社
との連系協議や接続契約の期間が短くなり、短期間での導入が可能です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング