~平成26年産とちおとめプロジェクトスタート!~ 栃木生まれのアイドル「とちおとめ25」がとちおとめ大使に就任! ご当地キャラ「トチゴくん」も初お披露目

PR TIMES / 2013年11月19日 14時16分



 2013年11月15日(金)、ホテル日航東京にて、「平成26年産いちご王国とちぎ流通懇談会」が開催されました。本懇談会は、流通関係者様にお集まりいただき、栃木県産とちおとめに関する情報交換をさせていただく場です。

 懇談会は全農栃木県本部運営委員会会長・高橋武の挨拶より開会。「とちおとめ」が農業県である栃木県における主力品種であり、昭和43年より、44年間連続でいちごの生産で日本一を誇っていることに言及した上で、「本年もおいしく高品位ないちごをみなさんにお届けできるように取り組んでまいります」と決意を語りました。

 また、来賓として栃木県知事・福田富一様にもご登壇いただき、平成26年産の「とちおとめ」にも大きな期待をお寄せいただきました。

 懇談会の中盤では、昨年に引き続き「とちおとめ大使」に任命された「とちおとめ25」から6名が登場。イチゴの魅力がたっぷりつまった歌詞が話題になった「いちごハカセ」を元気いっぱいに披露し、会場を沸かせました。大使となった「とちおとめ25」には地元・栃木はもちろん、東京や横浜、東北、信越など各地で行われるイベントに出演していただくほか、7年ぶりに放送予定の新テレビCMにも登場し、「とちおとめ」のイメージ販売拡大に務めていただきます。

 続いて行われた懇親会では、「栃木のいちご」のご当地キャラとして今年誕生した「トチゴくん」が初お披露目に。その愛くるしい姿に会場は写真撮影の列ができていました。メインキャラクターである「とちおとめ25」に加え、「トチゴくん」もテレビCMをはじめとするPR活動に積極的に参加していきます。

 JA全農とちぎでは、平成26年産を「いちご王国栃木新たなスタート」と題し、販売額231億円を目指してまいります。「とちおとめ」の安定供給および品質の高位平準化に注力するとともに、より多くの皆様に「栃木のとちおとめ」を知っていただけるよう、今シーズンもより一層の販売活動を展開していきます。


【登壇者コメント】
全農栃木県本部運営委員会会長・高橋武


栃木県は農業県として多様な青果物を出荷しておりますが、中でも「とちおとめ」は主力品種です。近年生産者数などの減少が続いているものの、生産者、JA一丸となってとちおとめの生産出荷にむけて、準備をしております。本年もおいしく高品位ないちごを皆様にお届けできるよう、取り組んでまいる所存です。


栃木いちご消費宣伝事業委員会委員長・上野崇


平成26年産のいちごは現状比較的順調な生育をしており、昨年と比較して安定的な出荷ができるのかなと考えております。また、本年度より1パックの規格が変更になりました。販売目標231億の達成に向け、流通関係の皆様のお力沿えをいただきながら、安心安全でおいしい「とちおとめ」を消費者の皆様にお届けしたいと考えておりますので、よろしくお願い致します。


栃木県知事・福田富一 様


昨年のAKB48の大島優子さんや、ロンドンオリンピック銅メダリストの萩野公介くんなど栃木出身者の活躍は「とちぎのいちご」効果ではないかと思っています。栃木県のいちごは、モニタリング検査でも全く放射性物質を検出しておりません。引き続き、情報公開をしながら、安全で安心なものをお届けできるよう、精一杯努めてまいりたいと思っています。


全農栃木県本部 県本部長・齋田一郎


「いちご王国とちぎ」として、質・量ともにこれからも皆様の期待に応えられるよう、生産者、JAが一体となって進んでまいりたいと思っております。市場関係者の皆様におかれましても、栃木に対しての深いご理解とご支持をいただければ幸いです。


とちおとめ25
とちおとめ25とは、栃木県をPRするユニットとして2010年に結成した栃木県のご当地アイドルです。


平成26年産とちおとめのPR大使をさせていただけることになりました「とちおとめ25」です。選んでいただき、本当にうれしいです。ありがとうございます。今日、この会場にくるときに、今年も「とちおとめ」の季節がきたんだなと思うと、とってもウキウキしました。生産者の皆様が心をこめて育てられた「とちおとめ」の魅力をとびっきりの笑顔にのせてPRできるように頑張ります。平成26年産「とちおとめ」をどうぞよろしくお願いします。


フレッシュメイト(柳川綾乃さん、小澤見衣子さん)
フレッシュメイトとは、とちぎブランド農産物のイメージアップと効果的な普及・浸透をはかることを目的とした、県産農産物のイメージキャラクターです。


柳川綾乃さん(写真左)、小澤見衣子さん(写真右)

フレッシュメイトは、店頭でのいちごの試食会やさまざまなイベントを通して、栃木の「とちおとめ」の安心・安全を多くの皆様に伝えていきたいと思っております。流通関係者の皆様とも一丸となって、売り場の確保、拡大に努めてまいりたいと思っておりますので、ご協力をよろしくお願いいたします。


トチゴくん


日本一の収穫量を誇る、いちご王国・栃木で生まれたご当地キャラが今回初お披露目になりました。栃木のいちごの美味しさをたくさんの人にしってもらうために、これからさまざまなイベントなどで頑張ってくれます。また、本年度新たに作られるTVコマーシャルにも登場する予定です。


【名前】トチゴくん
【モチーフ】栃木県産いちごの王子様
【誕生日】平成25年11月15日(いいいちごの日)
【チャームポイント】頭の大きないちご、グリーンの手、ヘタのような襟飾り
【性格】栃木の美しい自然の中ですくすく育ったので、清らかな心を持っていて、素直でとってもピュア
【特徴】ビタミンCをたっぷりとっているので、いつも元気いっぱい!
【名前の由来】「とちぎ」と「いちご」を合体させたもの。
沢山の候補の中から、覚えやすくて、力強くて、なにより栃木のいちごを代表するにふさわしいという理由で選ばれました。


■ JA全農とちぎ 平成26年産 いちご販売目標
・収穫      : 4,300kg / 10a
           (平成25年産実績 3,978kg / 10a) 

・年間総出荷量 : 22,000トン    
            (平成25年産実績 21,876トン)

・年内出荷量  : 3,000トンの確保 (年内シェアー14%)
            (平成25年産実績 2,619トン、年内シェアー12%)

・総販売金額  : 231億円、@1,050円 / kgを目標
          (平成25年産実績 213億2百万円、@975円 / kg)


■ JA全農とちぎについて
名称    : 全国農業協同組合連合会栃木県本部
愛称    : JA全農とちぎ
住所    : 〒320-0033 栃木県宇都宮市本町12番11号
TEL    : 028-625-4009(園芸部)
設立    : 平成13年4月1日
事業内容 : 全農とちぎは、県内の各JAが会員となって組織したJAの連合会で、県内の農家が生産した
        農畜産物を市場を通じて販売する仕事(販売事業)や、その生産に必要な生産資材を農家に
         供給する仕事(購買事業)を行っています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング