株式会社コムニコ、米国HubSpot社の日本で初めてのパートナーとして、株式会社スケダチと共同で、インバウンドマーケティング支援サービスを開始

PR TIMES / 2012年6月29日 11時32分

株式会社コムニコ(本社:東京都港区、代表取締役:林 雅之、以下コムニコ)は、米国HubSpot(ハブスポット)社(本社:米国マサチューセッツ州、CEO:Brian Halligan、以下HubSpot)の日本初のパートナーとなり、株式会社スケダチ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:高広伯彦、以下スケダチ)と共同で、Hubspot社の提供するインバウンドマーケティング統合ソフトウェアの販売代理と導入企業への支援サービスを開始致します。

■HubSpotについて(http://www.hubspot.com/)
HubSpotは、「マーケティングの世界を変えること」を使命とし、2006年に米国マサチューセッツ州ケンブリッジにて設立された企業で、インバウンドマーケティングの統合ソフトウェアを中小のB2B企業を中心に世界45カ国、6000社以上に提供している、この分野でのリーディングカンパニーです。Sequoia Capital, Google Venturesといった米国有数のベンチャー投資会社やSalesforce.comといった企業からの出資も受けており、2007年から2011年にかけての収益の伸び率は6000%となっている成長企業でもあります。
同社CEOのBrian Halliganと共同創業者の Dharmesh Shah による共著“Inbound Marketing”は、日本でも翻訳され『インバウンドマーケティング』(すばる舎)として読むことができます。また、日本国内でも話題になった“Marketing Lessons from Grateful Dead”は『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)は、Brianと、HubSpotのボードメンバーである David Meerman Scottによる書籍で、Davidについては、“The New Rules of Marketing & PR”(邦題 『マーケティングとPRの実践ネット戦略』)の著者でもあります。このように、HubSpotは共同創業者とボードメンバーが新しいマーケティング領域の推進者で構成されている企業となっています。

■HubSpotの提供するインバウンドマーケティングの統合ソフトウェアについて
同HubSpotの提供するインバウンドマーケティングの統合ソフトウェアは、CMS(コンテンツ管理システム)、SEO対策ツール、ブログ作成支援ツール、ソーシャルメディア投稿支援ツール、ソーシャルメディアモニタリングツール、ランディングページ作成支援ツール、見込み客管理ツール、見込み客向けEメール配信ツール、およびこれらを使ったインバウンドマーケティング活動の効果測定・分析ツール、などが一体化して提供されています。それぞれ個々のツールは現在までのデジタルマーケティングツール市場でも類似製品があるものもありましたが、統合化され、またマーケティング担当者が特別なサイト作成の知識がなくても利用できるようなソフトウェアとしてはあまりなかったため、HubSpotのインバウンドマーケティング統合ソフトウェアは受け入れられています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング