【新商品】ぺんてるから超極細0.2でも不思議なほど芯が折れないシャープペンシル「オレンズ」登場!

PR TIMES / 2014年1月8日 15時39分

中高生の「ノートをキレイにとりたい」ニーズにマッチした、“芯を出さなくても文字が書ける”新しいシャープペンシルです。

ぺんてる株式会社(東京都中央区日本橋小網町7-2 社長 和田 優 TEL03-3667-3333)は、超極細0.2でも不思議なほど芯が折れないシャープペンシル『オレンズ』を2014年1月27日より発売いたします。



現在、多くの中学生・高校生には「ノートをキレイにとる事で効率的に成績アップを目指したい」という強いニーズがあります。ぺんてるはこのニーズに対応するため、一般的なシャープペンシルでは最も細い芯径だった「0.3」よりも、さらに細い芯径の「0.2」でも書く事ができるシャープペンシル「オレンズ」を開発しました。

「0.2」でも書ける秘密は、芯が減るのに合わせて先端パイプがスライドする機構「オレンズシステム」によるもの。この機構は「芯がパイプに常にサポートされている状態で筆記する」ことを可能にし、ユーザーは「芯を出さなくても筆記できる」新しい使い方が実現できます。この機構によって「0.2」のシャープペンシル替芯を使っても、不思議なほど芯が折れません。さらにパイプ先端の摩擦を低減しているので、従来のシャープペンシル同様の書き心地も確保しています。


【商品特長】

1.「芯を出さないで書く」ことを可能にしたオレンズシステム
芯が減るのに合わせて先端パイプがスライドするオレンズシステムにより、「芯を出さないで書く」という新しい使い方を可能にしました。


2.不思議なほど芯が折れない
「オレンズシステム」を搭載することで、筆記中もパイプが常に芯をサポートします。これにより従来のシャープペンシル最大の課題であった「芯折れ」を軽減しました。


3.スタイリッシュなデザイン
細くスッキリとした文字が書けるイメージを意識したスリムなボディとクリップが特徴のスタイリッシュなデザインです。


【超極細0.2のシャープペンシル替芯がラインナップ追加】
「オレンズ」の発売に合わせて、好評発売中のシャープペンシル替芯 「シュタイン」シリーズに「芯径0.2」が新たにラインナップ追加。「オレンズ」だから使える超極細のシャープペンシル替芯です。

※シュタインシリーズ…発売以来多くのユーザー様に高い評価を得ているシュタインは、なめらかな書き味、キレイな筆跡を得るための定着性、強度と濃度の相反するバランスの両立など、シャープペンシル替芯に求められるすべての品質を高い次元で実現したシャープ替芯です。


【商品説明用動画】


【商品概要】


商品カテゴリー/シャープペンシル(芯径0.2)
商品名/Orenz(オレンズ)
軸色/スカイブルー、ピンク、イエロー、ブラック、ホワイト
小売価格/1本¥500+消費税

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング