産業用高効率モータが省エネ法トップランナー基準の特定機器指定へ!“トップランナーモータ”説明会

PR TIMES / 2013年8月28日 14時53分

~世界基準高効率モータの特長,省エネ規制とJIS 制定動向~(東京開催9/30・名古屋開催10/1・大阪開催10/31)

このたび,圧縮機,ポンプ,送風機など様々な産業機械に使用されている産業用モータが,省エネルギー法のトップランナー基準の特定機器に,初めて指定される見通しとなりました(2013年中に,省エネルギー法に基づく新たな告示がなされる予定。)。
一般財団法人日本規格協会は,産業用高効率モータの特長,トップランナー基準制度・各国の規制状況,今後制定予定のJISの概要などについて,いち早くお伝えする説明会を開催いたします。





 このたび,最も汎用的な産業用モータ(電動機)について,経済産業省は「総合資源エネルギー調査会 省エネルギー基準部会 三相誘導電動機判断基準小委員会」(以下「判断基準小委員会」という。)にて,省エネ法におけるトップランナー基準の特定機器への指定に向けた中間取りまとめ(案)をまとめ,2013 年中には省エネ法に基づく新たな告示がなされる見通しとなりました。これにより,トップランナー基準の特定機器に指定されるとともに,2015 年を目標年度とした基準が制定される予定です。
 現在,モータの消費電力は,我が国の全消費電力量の約55%,産業用モータによる消費電力量は,産業部門の消費電力量の75%を占めると推定されることから,より広範囲での高効率化を図ることが環境対策の上でも重要です。国内で使用されている産業用モータの大部分は,IECが規定する効率基準における IE1クラス(標準効率)相当であり,このたびの改正により,欧米等の世界基準に対応したIE3 クラス(プレミアム効率)へと一気に引き上げられることになります。また,これに対応して,省エネ基準を具体的に規定したトップランナーモータの製品規格,"(仮称)JISC4213: 低圧三相かご形誘導電動機 -低圧トップランナーモータ")の制定(2013 年末予定)にむけた審議が進められております(原案作成団体:一般社団法人日本電機工業会)。
 本説明会は,トップランナーの制定に向けて日本電機工業会に設置した高効率モーター普及委員会の委員長(判断基準小委員会の委員)・副委員長(判断基準小委員会の参考人)を講師にお招きし,高効率モータに関するトップランナー基準制度・各国の規制状況,今後制定予定のJISの概要について,コンパクトにまとめた最新情報をご提供いたします。これらの最新情報をいち早く把握し,ビジネスにお役立て下さい。ポンプ,圧縮機,送風機をはじめとする各機器のセットメーカーの方々を始めとして,本テーマにご興味関心のある幅広い方々のご参加をお待ちしております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング