“Pacific Endeavor”開催中に使用されたイクシアのBreakingPointサイバー・レンジ・ソリューション、太平洋戦域における通信パフォーマンスとサイバーネットワーク防御を向上

PR TIMES / 2012年10月23日 14時40分

2012年10月23日

イクシアコミュニケーションズ株式会社


“Pacific Endeavor”開催中に使用されたイクシアのBreakingPointサイバー・レンジ・ソリューション、太平洋戦域における通信パフォーマンスとサイバーネットワーク防御を向上

~“Cyber Endeavor”における“Pacific Endeavor 2012”開催期間中にイクシアのBreakingPointサイバー・レンジ・ソリューションを使用して、ライブ戦闘訓練・演習用のグローバルで体系的なサイバー戦争環境を構築~


米国時間2012年10月15日発表- 統合IPおよびワイヤレスネットワークテストソリューションのグローバルプロバイダーであるイクシア(本社:米カリフォルニア州カラバサス、NASDAQ:XXIA)は本日、米太平洋軍が最重要視するサイバー・セキュリティに関する連携、技術習得、および交戦プログラムで、同盟国のサイバー防衛力の強化を目的とした“Cyber Endeavor”に引き続き参加したことを発表しました。“Cyber Endeavor”における“Pacific Endeavor”開催中、参加国はIxia BreakingPointサイバー・レンジ・ソリューションを利用し、パフォーマンスの向上、防御力の強化、手法の検証、次世代のサイバー兵士の訓練を目的に、緑、赤、青のチーム編成による演習を行いました。

●本日の発表のハイライト

“Cyber Endeavor”での“Pacific Endeavor”は、軍事通信システム向けの相互運用性を備えたサイバー戦争演習プログラムとして、2004年以来毎年開催されています。同イベントの目的は、技術提供者、政府、非政府組織の間で協力体制を構築し、中核能力の開発や、機密通信における機密、統制、および可用性の確保を徹底調査することにあります。さらに、同演習の実施は、サイバー攻撃発生時における回復性を確保する上での現行の通信インフラの強化や、サイバー攻撃監視要員の訓練のほか、通信システムの遮断といった実害を未然に防ぐ攻撃回避方法の取得を目的としています。

“Pacific Endeavor”の開催中、Ixia BreakingPointサイバー・レンジ・ソリューションとサイバー・セキュリティの専門家によってサイバー攻撃環境が構築され、以下の活動が実施されました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング