阪神タイガース承認 スマートフォン向けカメラアプリ『トラカメラ』をリリース

PR TIMES / 2013年11月22日 19時24分

株式会社インタラクティブブレインズ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 新妻 桂)は、平成25年11月22日(金)に、阪神タイガース承認のスマートフォン向けカメラアプリ「トラカメラ」をリリースしました。
撮影した写真にタイガースにまつわる多彩なフォトフレームを合成して、タイガースファンのみならず、野球ファンも思わず「ニヤッ」としてしまう楽しい画像へと、簡単な操作で仕上げることができます。

なお、「トラカメラ」は、数多くの開発実績とノウハウをベースにしたカメラエンジン「L.O.U. System(※1)」を搭載した初のスマートフォンアプリとなります。



■「トラカメラ」の概要

「トラカメラ」は、あらかじめ用意されたフォトフレームを、スマートフォンのカメラで撮影した写真と合成し、画像として保存することや、SNSなどに投稿できる機能を備えたカメラアプリです。4つのテーマに分類された39種類のフォトフレームを使い、人物写真や自撮り写真、なにげない日常の風景と合成することで、特にタイガースファンならうれしい面白ネタ画像をすぐに作り出せます。その場で撮影した写真だけでなく、すでに端末に保存している写真を使うことも可能で、シチュエーションを問わずお楽しみいただけます。


■「トラカメラ」の特長

特長1:4つのテーマに分類された数々のフォトフレーム
“虎魂”を刺激するコピーで、どんな写真も一気に“虎カラー”に染まる「フレーズ」や「文字」、写真全体をタイガース風味や試合観戦中の雰囲気に一変させる「フレーム」、そして最新の時事ニュース等の情報が反映される「ライブスキン」の4つのテーマの中から選べます。

特長2:最新情報をもとに日々デザインや文言が変わるフォトフレーム「ライブスキン」
4つあるテーマのうち「ライブスキン」では、プロ野球の試合結果やニュースなど、最新の情報を元に作成されたフォトフレームを利用できます。日々新しいフォトフレームに変わるため、ホットな話題をいち早く写真に取り入れて、SNSでの交流をいっそう盛り上げることができます

特長3:写真をSNSにすばやく投稿
加工した写真画像は、端末内に保存できるだけでなく、Facebook、Twitter、LINEにもすぐに投稿可能。もちろんメール添付で画像送信する機能も備えています。
※Facebook、Twitter、LINEへの投稿にはそれぞれの公式アプリがインストールされている必要があります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング