米国化学会が CAS の新所長を発表-9月30日就任

PR TIMES / 2013年9月13日 14時21分

化学情報協会は、米 Chemical Abstracts Service(CAS)が発表したプレスリリースを受けて、国内向けに次のとおり、お知らせいたします。米 CAS の発表情報は下記をご覧ください。
http://www.cas.org/news/media-releases/appointment-of-new-president



(オハイオ州コロンバス発,2013 年 9 月 10 日)-米国化学会(American Chemical Society)は化学情報の世界的権威である CAS の新しい所長に Manuel Guzman を任命しました。就任は 9 月 30 日の予定です。CAS 所長を 21 年以上にわたって務めた Robert J. Massie は 2014 年 3 月末で引退の予定です。


Guzman の前職は Cengage Learning 社の Learning and Research Solutions and International 部門担当副社長でした。同社は世界の大学・専門職・図書館向けに革新的な教育・学習・研究ソリューションを提供する世界有数のプロバイダーです。Guzman はこの地位にあった 2010~2013 年の間に 20 億ドル規模のプロジェクトを、戦略、編集(製品の構想や買収を含む)、事業開発、製品およびプラットフォーム技術の各方面にわたって指揮しました。また国際事業を管理して 3 億ドルの年間収入を生みだしました。

米国化学会の Madeleine Jacobs 会長兼 CEO は次のように述べています。「優れた経営能力の持ち主を探していた選任委員会は全員一致で Guzman 氏を迎えることを決定しました。Guzman 氏は知識が豊富で明晰な話し方をする、しかも人柄も良い第一級の経営者ですし、情報ビジネスにも十分な経験の蓄積があり、CAS に匹敵する規模の情報事業を指揮・管理した実績があります。国内外にわたる図書館、教育、政府、産業界の知識は米国化学会の中核製品である SciFinder や STN の強化、更には新製品の開発にふさわしいものです」

同会長は更に続けて「Guzman 氏は製品開発や国際事業開発の推進に成功した実績があるばかりでなく、ひときわ顧客中心の姿勢を示しており、対話を通じてニーズを把握し、それを満たす製品をチームで開発するのを好んでいます。また特にアジアや中南米での国際事業にも幅広い経験があります。新しい CAS 所長との連携を楽しみにしています」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング