“佐賀の特産品”をファッション雑誌がプロデュース 「有田焼」が女子向けに可愛く変身!

PR TIMES / 2013年12月6日 19時40分

第3弾!『steady.』が佐賀県と共同で商品開発!

雑誌販売部数、業界トップシェアの株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)が発行する女性ファッション雑誌、『steady. (ステディ.)』がプロデュースする、佐賀県の有田焼とのコラボレーション商品「steady.コラボ有田焼マグカップ」が2013年12月7日(土)より発売されます。





 当商品開発は、首都圏に住む20~30 代の女性に向けて、県の存在感を高めるとともにイメージの向上を目的とする佐賀県が、様々な企業とコラボレーションしていく情報発信プロジェクト「FACTORY SAGA(ファクトリー サガ)」の取り組みの一つです。
今回は、『steady.』編集部が目利き役となり、佐賀県の魅力的な特産品であり、日本を代表する焼き物として知られている有田焼を提案。今回も、「かわいいものラボ研究所長」優木まおみさんと『steady.』編集部が、飾っているだけでも気分が上がるポップなデザインのマグカップを作りました。
『steady.』編集部と佐賀県との商品開発は、9月に発売した佐賀県の日本酒「天吹」のラベル、11月に発売した「うれしの紅茶」のスペシャルセットに続く第3弾となります。商品の詳細情報と制作過程は、『steady.』1月号(12月7日発売)の特集企画にて紹介いたします。
今後も「かわいいものラボ」では、女性ファッション雑誌の編集部が持つ目利き力、編集力等を存分に活かして佐賀県の保有する様々なモノ(特産品)、コト(イベント)を女子向けにプロデュースし、情報発信していきます。


<steady.編集長コメント>

 有田焼は世界的にも有名で、日本ブランドとして非常に人気が高いのですが、若い女性との接点は少なく、その魅力はなかなか知られていません。
 自分のライフスタイルに身近に感じられるデザインの食器であれば、有田焼のもつ「本物のよさ」を実感できるのではないかと考え、モダンなカップをコラボしました。
 とても可愛いものができたので、もっと色々なアイテムでシリーズ化し、有田焼の「見る楽しさ」「使う楽しさ」「集める楽しさ」など何層もの魅力を、若い女性にも伝えていくお手伝いができればと思っています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング