リスクマネジメントサービスのポートフォリオを強化 - SQSよりISMS認証を取得

PR TIMES / 2013年12月19日 14時54分



テュフ ラインランド ジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:トビアス・シュヴァインフルター)は、市場の要求に応えるべく、リスクマネジメントサービスポートフォリオを一層強化するため、2013年12月、SQS(スイス品質・マネジメントシステム協会)より、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS: ISO/IEC 27001:2005)の認証を取得しました。

情報セキュリティ侵害、自然災害による業務の中断、ヒューマンエラーによる信頼の喪失など、様々な潜在的脅威およびリスクに、組織は日々直面しています。したがって、このような脅威・リスクは、系統的かつ信頼できる方法で軽減する必要があります。リスクマネジメントに関する規格・規制に準拠し、包括的なリスクマネジメントシステムを確立することにより、企業はこれらの問題に対処することができます。テュフ ラインランドは認定された認証機関として、企業のために監査、検査、試験を実施して対応策の実効性を検証し、その結果に基づき認証書の発行を行っています。当社の発行する認証書が、顧客や提携先に対する安全性の証明となります。

テュフ ラインランド ジャパンは、総合的なリスクマネジメントソリューションを希望するお客様に認証サービスを提供するために、あらゆる認定要求事項を満たしてきました。加えて、このたび要求事項にとどまらず、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS: ISO/IEC 27001:2005)の認証を、ISMS認定以外の全ての分野でも取得しました。12月9日、当社の監査機関であるSQS(スイス品質・マネジメントシステム協会)は、テュフ ラインランドジャパンがISO/IEC 27001:2005に準拠したISMS認証を取得したことを発表しました。

テュフ ラインランド ジャパン代表取締役でISMSプロジェクトのリーダーを務めたトビアス・シュヴァインフルターは、次のように語っています。「目的は認証取得のみではありません。クライアントや我々の重要情報を保護する情報セキュリティ分野で、必要なすべての管理策に対し、今一度評価と検証を行うという意味がありました」。テュフ ラインランド ジャパンは、日本国内のメーカーおよびサービス企業に対して、信頼性の高い専門的な評価・認証サービスを提供する機関として、さらに認定範囲外の分野に対するISMS認証取得を達成することができました。これにより、リスクマネジメント認証における専門性については該当する認定で、さらに運営・管理の日常業務についてはISMS認証でカバーされることになります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング