北米国際自動車ショー(NAIAS)2014 デトロイトでのアルカンターラ(R)

PR TIMES / 2014年1月22日 19時2分

【イタリア・ミラノ発】北米・デトロイトで開催中の第25回目を迎える北米国際自動車ショー2014(開催期間:1月13日(月)~26日(日))は、メイド・イン・イタリアの素材のアルカンターラにとって記念すべき展示会となりました。世界の自動車メーカーのさまざまなニーズに応え、すぐれた多様性を証明しています。

今回のショーで特に注目を浴びているのは、やはりワールドプレミアのアウディとポルシェの2車種。

アウディでは、プラグイン・ハイブリッド・エンジンを積んだコンパクトでスポーティなクロスオーバー・カー、オールロード・シューティングブレーク・コンセプトカーのデビューがあり、ダークグレーのパーフォレーションされたアルカンターラ素材を、4つの独立シートの中央部とドアパネルの仕上げに使用しています。この新プロトタイプは、環境への強い配慮も特徴で、プラグイン・ハイブリッド・エンジンにとってアルカンターラのインテリアは完璧な役割を果しています。なぜならばアルカンターラはカーボン・ニュートラル認証を受けた初めての素材だからです。

ポルシェの911 タルガも来場者より注目を浴びています。 展示されている限定生産モデル「4」と「4S」は、70年代と80年代を代表するモデルの現代版にあたり、メタルのロールバーがルーフとリアウィンドウとを分けています。いずれのモデルもピラーとロールバーにグレーのアルカンターラ素材を用いており、いっそうの優雅さを加えています。

アルカンターラはプレミア モデルのほか、その他多くのモデルでも選ばれていました。

ポルシェ 918 スパイダーでは、ブラックとシルバーのヴァイザッハ・パッケージが展示されていますが、黒のアルカンターラがシートの中央部とステアリング・ホイールに使われ、いっそうの品格とエレガンスをもたらしています。また、パナメーラ・ターボ S エグゼクティブでは茶灰色のアルカンターラをヘッドライナーとピラーに用い、茶色のレザーシートと組み合わせていますし、マカン・ターボはダークグレーのアルカンターラをヘッドライナーとピラーへ、カイエンGTSではグレーのアルカンターラにアクセントとして赤のステッチを入れ、ヘッドライナー、シート、ドアパネル、中央アームレストに使用しています。

今回がデビューとなるアウディのオールロードのほかに、代表的なモデルをいくつか展示しておりますが、いずれもアルカンターラが内装を飾っています。高い品格を持った超高級セダンのA8Lはベージュのアルカンターラをヘッドライナー、ピラー、パーセルシェルフ、ドアパネルに装わせてアメリカの観衆にお目見えです。またチャコールグレーのアルカンターラが RS7のヘッドライナー、ピラー、パーセルシェルフに、R8 とS8のヘッドライナーに使われています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング