150円クラウド型勤怠管理システム「ICタイムリコーダー」シフト管理機能を大幅強化へ。日単位・個人単位のシフト勤務管理も可能に。:簡単・便利・低価格:株式会社オープントーン

PR TIMES / 2014年12月9日 10時47分

日単位・個人単位のシフト管理機能「スーパースケジュール機能」を搭載した次期バージョン、勤怠管理システムを2015年2月(予定)にリリース!

 ソフトウェア開発・販売を行う株式会社オープントーン(本社:東京都千代田区、代表取締役 佐藤大輔(http://www.opentone.co.jp/))は、自社開発製品、150円のクラウド型勤怠管理システム「ICタイムリコーダー」に日単位のシフト管理機能「スーパースケジュール」を搭載した新バージョンを2015年2月(予定)にリリースを致します。



「簡単」「便利」「低価格」の150円クラウド型勤怠管理システム「ICタイムリコーダー」は、多くのお客様の御要望にお応えし、日単位のシフト勤務管理も可能な「スーパースケジュール機能」を搭載した新バージョンを2015年2月(予定)にリリースすることを決定致しました。

日単位のシフト勤務管理も可能な「スーパースケジュール機能」により、店舗や病院、介護施設、昼夜操業の工場等、様々な業種業態の事業者様向けに大幅な機能強化。さらなる利便性の向上により、利用者増を目指します。
大幅な機能拡張にも関わらず「月額150円/人(税別)」というお値段はそのまま。特に新機能への御申し込み等は不要です。
※クラウドサービスの為、全ての御利用者様が自動的に新バージョンに移行します。

これまで、曜日毎などパターン月単位のシフトに限るシフト勤務管理でした「スーパースケジュール機能」では個人単位・日単位のシフト管理も可能になります。詳細は下記をご覧ください。


【新機能:「スーパースケジュール機能」について】
「スーパースケジュール機能」は複雑な勤務体系、シフト勤務を行っているお客様により簡単にご利用いただくために開発致しました。

★直観的・簡単な管理画面
管理者様の運用作業の負担を減らすべく、直感的に操作できるように画面設計にこだわりました。
シフト管理の基本である「カレンダー」と「スケジュール」が一目でわかるような管理しやすい画面となっております。株式会社オープントーンの独自のシステム開発技術により、このような項目数の多い複雑な画面でも御利用しやすいエクセルのようなスプレッドシートを採用。
シフトの作成やメンテナンスも簡単便利にご利用になれます。

★様々な勤務体系に対応
下記の様な様々なケースを想定されて開発されております。
・「早番」「遅番」等、多数のシフト(交代制)勤務がある。
・月中で勤務パターン(シフトマスタ)が増える。
・アルバイト、パートの急なお休みがあってシフトが交代になる。
・夜勤がある。
・多店舗にまたがってヘルプ勤務がある。
・会社創立記念日等の特別な休みがある。
・土曜日だけ変則勤務がある。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング