【世界最大の政府系ファンド・アブダビ投資庁・「伝説のファンドマネージャー」】が教えるBookドリルアプリを提供開始!

PR TIMES / 2014年11月26日 13時17分

Bookドリルは、話題の1冊を、たった3分で把握できるクイズ形式の診断アプリとして提供するサービスです。

株式会社 ライムス(所在地:東京都中央区、代表取締役:吉村光司)は、【世界最大の政府系ファンド・アブダビ投資庁「伝説のファンドマネージャー」、林 則行 監修のBookドリル】を、2014年11月25日(火)より提供開始しました。



■Bookドリル版
【伝説のファンドマネージャーが教える株の公式】 https://www.bookdrill.jp/books/D0000077
【伝説のファンドマネージャーが実践する 株の絶対法則】 https://www.bookdrill.jp/books/D0000078

【内容紹介】
「伝説のファンドマネージャーが教える株の公式」では、企業価値の難しい計算をすることなく、決算短信の4つの数字(売上と3つの利益)から、高成長する銘柄を見つけ出す「新高値投資」を学ぶ事ができます。
株式投資の8割以上の判断は、公式に当てはめて行うだけ。公式なので、誰がやっても同じ結論にたどりつき、トレードの勝率も上がっていきます。
このBookドリルで、トップクラスの投資のプロとして成功し続けた監修者の方法を学べるのです。

「伝説のファンドマネージャーが実践する 株の絶対法則」では、チャートでの銘柄選択、ビッグ・チェンジの捉え方、テクニカル分析による人気度の測り方など、より効率的な判断ができるようになっています。
奇をてらった投資法ではなく、抜群に成長する株を、リスクを押さえて買うという王道的な投資法。
マーケット全体が上昇する局面ばかりでなく、昨今のように混迷する相場の中でも上昇期を見出す手法なども紹介します。
ほかにはない株式投資マニュアルをBookドリル化したアプリです。

【アプリ概要】

■出版社
ダイヤモンド社

■監修者
林則行 氏

世界最大の政府系ファンド、アブダビ投資庁の元日本株式運用部長。当時、中東でただ1人、日本人としてオイルマネーを運用していた「伝説のファンドマネージャー」。欧米の運用機関でもアナリスト、ファンドマネージャーを歴任したプロ中のプロ。投資の本場、米国の達人たちの相場ノウハウ修得を目指して、コロンビア大学MBAに留学。ジム・ロジャーズから時代の読み方、大化け株発掘の極意を学ぶ。また、システムトレードの神様ラリー・ウィリアムズから、勘に頼らない、コンピュータによるデータ検証に基づく投資手法を修得。現在、アシュク・インベストメント代表。米国公認会計士。著書に『伝説のファンドマネージャーが教える株の公式』(ダイヤモンド社)、『「銅メダル英語」をめざせ! 』(光文社新書)、『はじめてのテクニカル分析』(日本経済新聞社、共著)などがある。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング