真田広之 米ドラマ初レギュラー出演作「HELIX -黒い遺伝子」Dlife にて日本初放送

PR TIMES / 2014年11月21日 13時18分

全米で高視聴率獲得!“恐怖の13 日”を描くサイエンス・スリラー

全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:BS258)は、2014年1月に米ケーブル局 SyFyチャンネルで放送開始した最新海外ドラマで、北極にある巨大製薬会社の研究所を舞台に描く、禁断のサイエンス・スリラー「HELIX(ヘリックス) ‐黒い遺伝子‐」(原題:HELIX)を、2015年1月よりテレビ初放送。全13話を日本で初めて無料放送でお楽しみいただけます。



■神の領域(=遺伝子操作)に踏み込んだ代償、 極北の白い地に流れる黒い血とは・・・?
全米で高視聴率獲得!“恐怖の13 日”を描くサイエンス・スリラー
 閉ざされた空間で起こる、人類を滅ぼしかねないウィルスの発生に対する恐怖と、そこにうごめく複雑
な人間関係、そしてその先にある、“遺伝子操作”という、神の領域に踏み込んだ人類たちが支払うべき代償とは…!?
謎が謎を呼ぶスリリングな内容と、1 話で1 日分が進んでいくストーリー展開で、放送直後から話題を呼んだ本作は、同チャンネルでの視聴ランキング1 位※を獲得。同チャンネル史上最高視聴率をたたきだし、放送開始後早々にシーズン2 の制作も決定している最新ヒットドラマです。
※SyFy チャンネル上で、初回放送が同時間帯枠歴代1位(2011 年8 月~2014 年8 月の過去4 年間)を獲得

■真田広之、海外ドラマレギュラー初出演!‘謎の日本人’が全米を魅了!
 「LOST」「リベンジ」に出演し注目を浴びた真田広之が、自身初となる海外ドラマのレギュラー出演で、舞台となる研究所所長の日本人科学者、ハタケ・ヒロシ役を熱演。物語全体のプロローグといえる第1 話の冒頭から登場し、ストーリーの鍵を握る重要なキャラクターであり、ミステリアスな部分をもつ役柄を、磨き上げた演技と英語力で演じています。

■「LOST」「バトルスター・ギャラクティカ」シリーズ等、世界的ヒットドラマを手がけたスタッフ陣 & SF ドラマ・映画ファン必見のキャスト陣!
 「新スタートレック」「バトルスター・ギャラクティカ」シリーズを手がけたロナルド・D・ムーアと、「X ファイル」「CSI:マイアミ」「LOST」シリーズのスティーヴン・マエダがタッグを組み製作総指揮を務めているほか、主人公のアラン・ファラガット博士を演じるビリー・キャンベル(「4400 未知からの生還者」)、ジョーダン・ヘイズ(『HIDDEN ヒドゥン』)など、海外ドラマファン・SF&サスペンスファン必見の出演陣が顔を揃えます。


【放送情報】
「HELIX-黒い遺伝子-」
全国無料のBS テレビ局Dlife(ディーライフ)にて、2015 年1 月より日本初放送開始


【作品DATA】
原題:HELIX/アメリカ作品/放送局:SyFy/2014 年1 月放送開始/全13 話
[キャスト]
アラン・ファラガット役:ビリー・キャンベル 、ヒロシ・ハタケ役:真田広之、
ピーター・ファラガット役:ニール・ネイピア、ジュリア・ウォーカー役:キーラ・ザゴースキー、
サラ・ジョーダン役:ジョーダン・ヘイズ、 セルジオ・バリエセロス少佐役:マーク・ガニメ
[スタッフ]
製作総指揮:ロナルド・D・ムーア、スティーヴン・マエダ、リンダ・オブスト

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング