DHL、「ラグビーワールドカップ2015」代表チームの資材輸送を支援

PR TIMES / 2015年8月31日 16時9分

国際エクスプレス業界のグローバルリーダーであるDHLジャパン株式会社(代表取締役社長: 山川丈人 本社:東京都品川区)は、2015年9月18日(金)から10月31日(土)までイングランドで開催される「ラグビーワールドカップ2015」のオフィシャルロジスティクスパートナーとして、ラグビー代表チームの資材輸送を支援いたします。



ラグビー代表チームの合宿地である宮崎県において、2015年8月24日(月)「ラグビーワールドカップ2015」に参加する代表チームの資材の集荷が行われました。DHLは今回、代表チームのウエアやテーピングなどの荷物約50箱600キロ分を「ラグビーワールドカップ2015」開催国のイングランドに向けて輸送いたします。

5大陸、84ヵ国による予選参加を勝ち抜いて開催される「ラグビーワールドカップ2015」のロジスティクスの成功には、高い専門性を備えた有能なスタッフのスキル、仕事に対する熱意、グローバルレベルで緊密で正確な輸送を担う能力の全てが不可欠です。DHLはオフィシャルロジスティクスパートナーとして、会場への参加国チームの用具一式の輸送や試合チケットの配送など、大会開催にあたって必要なロジスティクスを全面的にバックアップします。

[画像: http://prtimes.jp/i/13552/14/resize/d13552-14-986820-1.jpg ]

DHL関西国際空港ゲートウェイ施設でコンテナに積み込まれた代表チームの資材

【DHLの概要】
DHL - 世界のロジスティクス企業
DHLはロジスティクス業界のグローバルリーディングブランドであり、国内及び国際小包配達、国際エクスプレス(国際航空貨物輸送)、陸上、航空・海上輸送から、産業別サプライチェーンマネジメントまで、DHLグループ内の各部門により、他社の追随を許さないロジスティクスサービスのポートフォリオを提供しています。世界220以上の国・地域で32万5千人以上の従業員が、人々やビジネスを安全かつ確実に繋ぎ、グローバル貿易の流れを実現しています。DHLは、Eコマース、テクノロジー、ライフサイエンス&ヘルスケア、エネルギー、自動車、そして小売りなどの産業別ソリューション、および成長市場向けソリューション、企業責任への確かなコミットメントおよび発展市場における比類なき事業基盤から、今や「世界のロジスティクス企業」と明白に位置付けられています。DHLは、ドイツポストDHLグループ傘下のブランドで、グループ全体の2014年の売上は560億ユーロ超に達します。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング