LALIQUE|新作コレクション《AQUATIQUE(アクアティック)》発売 

PR TIMES / 2019年6月12日 0時40分

ラリックと巡る幻想的な水の世界

“クリスタルガラス界のオートクチュール”と称される最高峰のライフスタイル メゾン、ラリックは、新たなデコラティブコレクション《アクアティック》を2019年6月12日より発売開始いたします。




[画像1: https://prtimes.jp/i/35335/14/resize/d35335-14-915365-0.jpg ]


ラリックの創業者ルネ・ラリックにとって、植物や動物、神話や女性の姿は永遠のインスピレーションであり、なかでも自然は、いつも彼の創作意欲を刺激し、新たなイメージを与えたのでした。

この新作《アクアティック》コレクションは、私たちを深い水底の、まだ見ぬ世界へと誘います。ルネ・ラリックから受け継がれた革新的なクリエイティビティと、比類のないサヴォワ・フェール(職人技)によって描き出されるのは、《ポワソン コンバッタン》=闘魚の美しくも力強い姿、あるいは《カープ コイ》=錦鯉のシンボリックなシルエットです。

さらに、この新作のために生み出された新たな色彩、「ペルセポリスブルー」と「ミントグリーン」が、たゆたう水中の、深く静謐なニュアンスを表現しています。

精緻なデザインと繊細なカラー、クリスタルという正統な素材、そこに意図的に作り出された反射する光の戯れと透明感が加わった、この上なく優美で豊かな自然のエスプリに満ちたデコラティブコレクションです。

“光の彫刻家”たるラリックは、自然をクリスタルで具象化し、私たちをその詩的な美の世界に目を開かせるのです。


圧倒的なサヴォワ・フェール(職人技)による精緻なクリエーション
《アクアティック》コレクションの精緻なレリーフの表現と深い水の色彩、ダイナミックな装飾美は、メゾンが誇る独自の職人技術によってのみ成しうるものです。クリスタルという重量のある素材を用いながら、すべて職人の手作業による極めて繊細な工程を数多く重ねて生み出されています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/35335/14/resize/d35335-14-716686-1.jpg ]



《カープ コイ》
ベースの正面には波紋を映し、背面にはインタリオ(沈み彫り)によって象られた錦鯉。まるで鯉が優雅な動きでクリスタルの水面に向かって浮かび上がって来るかのような、遊びごろろを潜ませます。マットなサテン仕上の側面が幾何学的なシェイプを強調しつつ、クリスタル特有の純度の高い透明感が際立ちます。

[画像3: https://prtimes.jp/i/35335/14/resize/d35335-14-625058-2.jpg ]


ベース(花瓶) クリア / ¥149,000(税抜価格)


《ポワソン コンバッタン》
ポワソン コンバッタン=闘魚は、その名の通り好戦的な魚で、美しい尾びれをひるがえして死闘を繰り広げることも。荒々しさを内に潜める、魅惑的な美しさは、ラリックのクリスタルにより写し取られ、オブジェとベースとして登場しました。色鮮やかなヴェールのような、大きな尾びれが波打ち絡み合い、まるで壮大なな水中バレエを見ているかのようです。

[画像4: https://prtimes.jp/i/35335/14/resize/d35335-14-555286-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/35335/14/resize/d35335-14-298840-4.jpg ]


オブジェ ミントグリーン / ¥147,000(税抜価格)
ベース(花瓶)ペルセポリスブルー ¥699,000(税抜価格)


《シャーク》
鮫は、海の中でももっとも趣き深い生き物の一つで、獰猛で本能的、シャープなスピード感にあふれ、自信に満ちており、その姿は畏怖を感じさせながらも美しく見る人の目を捉えて離しません。
ダイナミックな体の動きや皮膚の感触、そして鋭い歯といったディテールが、「ペルセポリスブルー」のクリスタルの煌めきで強調され、クールでどこか愛嬌も覗かせる、硬質な姿のオブジェです。

[画像6: https://prtimes.jp/i/35335/14/resize/d35335-14-869292-5.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/35335/14/resize/d35335-14-296683-6.jpg ]


オブジェ GM / ¥831,000(税抜)
PM / ¥63,000(税抜)


ラリックについて
1888年にフランスで創業されたラリックは、“クリスタルガラス界のオートクチュール”と称される最高峰のメゾンです。「モダンジュエリーの生みの親」として知られるルネ・ラリック(René Lalique)は、ガラスを使った創作においても芸術の巨匠となりました。時を経てその名前は唯一無二のサヴォワ・フェール(熟練技)を示すゆるぎない象徴となり、さらにラグジュアリー、卓越性、創造性、そして広く名高い芸術的なスタイルと同義となっています。
創業者ルネ・ラリックが確立した、圧倒的な職人技術と比類のないクリエイティビティを現代に受け継ぐメゾン ラリックは、現在ではクリスタルの装飾品(デコラティブ)をはじめ、ジュエリー、インテリア、アート、ワイン、フレグランスの6つのカテゴリーを展開し、タイムレスな魅力を発信する「ライフスタイル メゾン」として進化を続けています。
またラリックは、他のラグジュアリーブランド、アーティスト、デザイナーとの独占的なコラボレーションによって、両者のノウハウと専門性に基づいた息を呑むほど魅力的な作品や、他に類を見ないコレクションを生み出しています。1921年の工房設立以来、すべてのクリスタル製品は、フランスのアルザス地方にある唯一の製造拠点で、熟練した職人の手作業によって作られています。


■ラリックSHOP LIST■

ラリック銀座本店
東京都中央区銀座5-6-13
(東京メトロ銀座駅 A1出口より徒歩2分)
https://goo.gl/maps/PUGFJXfScHC2

ラリック伊勢丹新宿店
【ラリックホテル プロジェクト】本館5階=リビングルーム / プロモーション(~7月2日)
【ラリック ライスタイル・ギフトショップ】本館5階=ウェストパーク
【ラリック ジュエリーショップ】本館1階=アクセサリーフロア
【ラリック ワインショップ】本館地下1階=グランドカーヴ

ラリック名古屋店
名鉄百貨店本店 本館1階=アクセサリーフロア

ラリック公式オンラインショップ
https://lalique.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング