1台3役のファン式フリーザー「COOL CABINET」シリーズから新商品設置場所を選ばないロータイプの「COOL CABINET EX」を発売

PR TIMES / 2020年8月20日 12時15分

業界唯一(※1)の引き出しタイプで使い勝手を向上/新しい生活様式によるまとめ買いや冷凍食品の需要増に対応

アクア株式会社は、冷凍・チルド・冷蔵の3温度帯を自由に設定できてスタイリッシュなファン式フリーザー『COOL CABINET』シリーズから、置き場所を選ばないコンパクトなデザインの「COOL CABINET EX」を2020年9月3日(木)に発売します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/45454/14/resize/d45454-14-911037-0.png ]



[表: https://prtimes.jp/data/corp/45454/table/14_1.jpg ]



AQUAのファン式フリーザー「COOL CABINET」は、冷凍・チルド・冷蔵の3モードセレクト機能(※2)を搭載しており、ユーザーはフリーザー・冷蔵庫という枠組みにとらわれることなく、用途やライフスタイルの変化にあわせて、自由に冷凍・チルド・冷蔵と使い分けることができます。

今回発売した「COOL CABINET EX」は、ユーザーの使い勝手をさらに高めるべく、高さを抑えコンパクトなデザインにすることで、カウンターやテーブル下など、より一層場所を選ばず設置できるようになりました。また、業界唯一の引き出しタイプ(※1)を採用し、庫内を整理しやすい設計にしました。

新型コロナウイルスの影響により、外出の回数を減らすためまとめ買いの増加や、冷凍食品の需要が伸びています(※3)。「COOL CABINET EX」は、これらによるフリーザーや冷蔵庫の容量不足を解消し、新しい生活様式における食生活の充実に貢献してまいります。

※1:国内家庭用冷凍庫において。(2020年8月20日現在。当社調べ)
※2:温度切替は庫内全体での切り替えになります。引き出しごとの設定はできません。
※3:対昨年比116% 食品産業新聞社『冷食日報』2020年5月8日付より

【主な製品特長】
1. 冷凍・チルド・冷蔵の3モードセレクト(※2)

[画像2: https://prtimes.jp/i/45454/14/resize/d45454-14-521319-1.jpg ]

冷凍・チルド・冷蔵の3温度帯を切り替えることができ、フリーザーとしてだけではなく、チルドストッカーや冷蔵庫としても使用できます。おかずの作り置きや冷凍食品の活用による容量不足を解消する2台目のフリーザーとして、たっぷりと野菜を収納するための冷蔵庫として、生鮮食品や料理の保存用のチルドストッカーとしてなど、用途や季節、ライフスタイルの変化にあわせた活用ができます。

2. 置ける場所が広がるコンパクトタイプ

インテリアにもなじむスタイリッシュなデザインと、カウンターやテーブル下に置ける高さで、場所を選ばず設置できます。引き出しの前板や天面は美しいガラス仕上げで、お手入れも簡単です。

3. 業界唯一(※1)の整理しやすい引き出しタイプ設計

[画像3: https://prtimes.jp/i/45454/14/resize/d45454-14-568084-2.png ]

上下の引き出しにはそれぞれのクリアトレイとボックスがあり、合計4段の収納スペースに分かれるため取り出しやすく、整理しやすい設計です。

4. 食材のおいしさを一気に冷凍して逃さない、クイック冷凍機能(※4)を搭載

[画像4: https://prtimes.jp/i/45454/14/resize/d45454-14-458472-3.png ]

食材をすばやく冷凍できるクイック冷凍機能で、解凍時のドリップの流出を大幅に抑え(※5)、食品のおいしさを保ちます。

【COOL CABINET その他の特長】
・ドアを閉めたまま操作ができるタッチパネルを採用。
・庫内に霜が付かない自動霜取り。
・天面に耐熱100℃ガラステーブル(※6)を採用。
[画像5: https://prtimes.jp/i/45454/14/resize/d45454-14-575953-7.png ]


【「COOL CABINET」シリーズについて】
https://aqua-has.com/cp/fridge/coolcabinet/#1
[画像6: https://prtimes.jp/i/45454/14/resize/d45454-14-925750-6.png ]



※4:クイック冷凍設定時には、通常冷凍モードでの運転と比べて60%消費電力量が増加します。なお消費電力量は使用条件によって変化します。
※5:AQF-GD10J下段での急速冷凍機能と、通常冷凍モードでの比較。牛ステーキ150g 周囲温度20℃ドア開閉無し。24時間保存後、常温解凍。ドリップ量:急速冷凍ドリップ流出率0.6%、通常冷凍モードドリップ流出率1.5%(当社測定)。
※6:電子レンジ等を置く場合は、台脚部に滑り止めを施してご使用ください。

【製品概要】

[画像7: https://prtimes.jp/i/45454/14/resize/d45454-14-787203-8.png ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/45454/14/resize/d45454-14-149015-4.jpg ]

■AQUAのメッセージ

[画像9: https://prtimes.jp/i/45454/14/resize/d45454-14-668662-9.png ]

アクアは、「心地よさ、という品質。」をブランドコンセプトに掲げ、皆さまの生活により密着した商品・ソリューションを提案しています。
また、コインランドリーではIoTシステム展開を加速し、更なる使いやすさを追求することで、シェアNo.1企業として業界を牽引しています。
世界No.1の家電メーカーHaierグループの一員として、これからも生活家電からコインランドリーに至るまで、皆さまの生活がより豊かに、より便利になるような商品とソリューションを提供していきます。

■AQUAについて
AQUAは 『Authentic Question Unique Answer : AQUA』 の名で、例えば冷蔵庫ハンドルの握り心地から、洗濯機の見えない技術まで、「心地よさ、という品質。」を実現するブランドを目指しています。
日本で生まれた家電メーカーとして、毎日の暮らしに気配りや心配りをお届けします。
現在は、冷蔵庫や洗濯機、掃除機などの小物家電から、業務用コインランドリー機器まで幅広く展開し、更に日本からグローバルへ、商品やサービスを創造していきます。

■アクア株式会社について
アクア株式会社は、2012年1月、三洋電機の一部事業を継承し設立。
Haierグループの日本法人として、業務用洗濯機や、家庭用の洗濯機、冷蔵庫、掃除機などのAQUAブランド商品、サービスの企画・開発・販売を行っています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング