1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

パーソナルスタイリングサービス「DROBE」が2周年。会員数は75,000人、在籍スタイリストは100名を突破

PR TIMES / 2021年9月30日 12時15分

在籍スタイリストの多様なキャリア・働き方の調査結果をインフォグラフィクスで紹介

株式会社DROBE(代表取締役 CEO:山敷守)が展開するパーソナルスタイリングサービス「DROBE(ドローブ)」は、2021年9月、サービス提供開始から2周年を迎えます。会員数は順調に増加し、この1年間で約3倍の75,000人を超えました。会員数の拡大に伴い、在籍スタイリストは100名を突破、取り扱い商品も180ブランドまで拡大しています。



[画像1: https://prtimes.jp/i/54174/14/resize/d54174-14-431c02e9ec1766a18cfd-24.jpg ]



パーソナルスタイリングサービス「DROBE」とは

「ファッションから、日々を楽しもう。」をコンセプトにした、オンラインで完結するパーソナルスタイリングサービスです。ファッション誌や芸能人のスタイリング、店頭での販売などを経験したプロのスタイリストとDROBE独自の「スタイリング AI」が、お客さまの嗜好や体型、予算に応じた商品(洋服、靴、ファッション雑貨)を協働でスタイリングし、セレクトした商品を定期的にお届けします。 届いた商品は自由に試着でき、気に入った商品のみを購入できます。DROBEサービスサイト: https://drobe.jp/

▼DROBEサービス紹介動画
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=LUu1rakfW4A ]




100名を超える在籍スタイリストの、多様なキャリアや働き方をアンケート調査

100名を超えるDROBEの在籍スタイリストは、スタイリングのプロフェッショナルという共通点を除いては、キャリアや働き方も様々です。今回、DROBEのスタイリストを対象に、キャリアや働き方についてのアンケート調査を実施しました。

調査期間:2021年9月3日から2021年9月12日
有効回答数:58名

■20代から50代まで、全国各地のスタイリストが在籍
スタイリストの年代は「30代」が44.8%ともっとも多く、「20代」、「40代」と続きました。居住地は「関東」が72.4%を占めますが、オンラインでスタイリングが可能なため、1/4以上の方が関東近郊以外にお住まいです。
[画像2: https://prtimes.jp/i/54174/14/resize/d54174-14-f0e5628cf492c7783291-13.jpg ]

■得意なスタイリングのテイストは「カジュアル」と「きれいめ」がトップ
得意なスタイリングのテイストについては、「カジュアル」が51票、「きれいめ」が43票と多くの票を集めましたが、大きく偏ることなく、幅広いテイストに対応可能な構成となっています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/54174/14/resize/d54174-14-7c0e6ba88c643d117ed0-14.jpg ]

■半数がキャリア10年以上。百貨店・セレクトショップ等の販売員経験が最多
ファッションに関する仕事の経験年数は、「10~14年」が25.9%、「15年以上」が24.1%と、10年以上のキャリアをもつ方が半数となりました。経験の内訳は「百貨店・セレクトショップ等の販売員」が45票と最多で、実際に店頭での接客経験をDROBEでのオンラインスタイリングに活かしていることがわかります。他にも「TV・雑誌・広告のスタイリスト」「ファッションデザイナー・パタンナー」「パーソナルスタイリスト」など、様々なプロフェッショナリズムを持つ方々にご活躍いただいています。

[画像4: https://prtimes.jp/i/54174/14/resize/d54174-14-9ca75c7da4f8201a2d75-15.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/54174/14/resize/d54174-14-62c39a2f334b9c05387d-25.jpg ]

■カラーや骨格、顔タイプなど、パーソナルスタイリングに関わる資格保有者が多数
保有資格では、カラーにまつわるものが最も多く、他にも「骨格診断アナリスト」や「顔タイプアドバイザー」「ライフオーガナイザー」など、様々な観点からパーソナルスタイリングに関係する資格をもつ方が在籍しています。
[画像6: https://prtimes.jp/i/54174/14/resize/d54174-14-9976b99d57df2a92c9eb-17.jpg ]

■約7割が兼業や副業。自由な時間に自宅で仕事ができる点に魅力
働き方のスタイルを聞く設問では、「DROBEを専業」は31.0%にとどまり、残りの約7割の方は他の仕事と副業・兼業していることがわかりました。兼業・副業の方のDROBE以外の仕事の内容は、「パーソナルスタイリストなど」が最多で、ついで「アパレル販売員」「ファッションデザイナー・パタンナー」「TV・雑誌・広告のスタイリスト」が続きました。
[画像7: https://prtimes.jp/i/54174/14/resize/d54174-14-7573b3d2c38ed1ccb974-18.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/54174/14/resize/d54174-14-5b6602a827553aaea76d-19.jpg ]

DROBEでの仕事や働き方について魅力に思う点についての設問では、「自宅で仕事ができる」が52票、「シフトや時間の自由度が高い」が49票と8割以上の方の支持を集めました。他にも、DROBEでは全国各地の20代から50代を越える幅広い年代の方にご利用いただいていていることから、「多様なお客さまへのスタイリングスキルが身につく」という回答も25票を集めました。
[画像9: https://prtimes.jp/i/54174/14/resize/d54174-14-59444e2d0e6c7f22db7c-20.jpg ]

■結婚や出産、コロナ禍の影響で、以前の仕事を続けることが難しくなった方も
オンラインでのパーソナルスタイリストを始めたきっかけについての設問では、「結婚や出産で、今までの仕事を続けることが難しくなった」に対して「あてはまる」「ややあてはまる」が合計で44.8%、「新型コロナウイルスの影響で、今までの仕事を続けることが難しくなった」に対しては「あてはまる」「ややあてはまる」の合計が50.0%を占め、経験やスキルが豊富な人材でも、ライフイベントやコロナ禍をきっかけに厳しい状況に立たされるケースがあることがわかりました。

[画像10: https://prtimes.jp/i/54174/14/resize/d54174-14-7a5f4906c53fb5bc2a49-21.jpg ]

■約4割が未就学児童の育児と両立
DROBEでは、比較的自由な時間に、ご自宅でスキルを生かしスタイリング業務が行えることから、育児との両立も十分に可能です。アンケート調査では、37.9%の方が、育児期間(0~6歳)の子どもを持つママでした。

[画像11: https://prtimes.jp/i/54174/14/resize/d54174-14-1232b2640578f37cf52e-22.jpg ]



2周年を記念して、友だち招待でポイントプレゼントが2倍になるキャンペーンを開催!


[画像12: https://prtimes.jp/i/54174/14/resize/d54174-14-c9c282b11fc2771b3818-23.jpg ]

DROBEのサービス提供開始2周年を記念し、友だち招待コードを利用して招待した方、された方双方にプレゼントされるポイントが2倍になるキャンペーンを実施します。既にDROBEを使ったことがある方にとっても、まだない方にとっても、DROBEをお得にご利用いただけるチャンスです。ぜひこの機会にたくさんの方にDROBEをご紹介ください。

■期間:
2021年10月1日(金)から2021年10月31日(日)まで
■参加方法:
マイページ内の「友だち招待」にて表示される招待コードを友だちにシェアしてください。期間内にその友だちがDROBEに登録し、初回のセレクトBOXで1点以上購入すると、ポイントがプレゼントされます。
■付与ポイント:
友だち招待すると5,000円分のポイント、招待された方には3,000円分のポイント

株式会社DROBEについて
「ヒトとモノの出会いをデザインする」をミッションに掲げ、最先端のAIテクノロジーを中心にファッションサービスを展開するインターネットカンパニーです。

会社名:株式会社DROBE
代表:代表取締役CEO 山敷守
設立:2019年4月1日
会社URL: https://drobe.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング