ピアノシーンの新星“Poron”ニューアルバムは極上のメロディーセンスが冴え渡る癒しのピアノインスト!!

PR TIMES / 2012年6月5日 14時21分



ピアノシーンに彗星の如く現れたのは抜群のメロディーセンスを持つ“Poron”
前作のデビュー・アルバムでは、収録曲がTVや、ラジオで使用され彼女が創りだし、奏でられる音楽は数多くの人を癒しました。
そして待望のニュー・アルバムではさらに煌めきを増したメロディーセンスが 冴え渡る極上のピアノアルバムに仕上がっています。

【アルバム情報】

星空の十二の物語 / Poron

RELEASE: 2012.6.6
¥2,500(税込み) / ¥2,381(税抜き)

■ 収録曲 ■
01. 星空と夢
02. コンパスと時計のない旅へ
03. SAKUYA(咲耶姫と月の宮人)
04. マーズの戦い
05. 朽ち果てたアルゴ船
06. 織姫と夏彦
07. 輝く流星群
08. オリオンを探して
09. 虹色の空と太陽
10. 森を彷徨うオルフェ
11. ミルキーウェイの道化師
12. 愛するガイア、私の街


<Poronプロフィール>
1988年 東京都出身 いて座 B型10才よりピアノを始める
日本大学芸術学部音楽学科ピアノ科卒業
音大在学中に、ポピュラーピアニストを対象にした全国オーディション(The Piano Star Audition)にて、
日本のピアノ音楽史に確実に残るであろう名曲「未来に出会えますように」を演奏し1位合格。
その曲名がタイトルとなる1st mini albumでCDデビュー。その類まれなメロディーセンスが評価され、
TBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」、フジテレビ「NONFIX」、日テレ「ザ!世界仰天ニュース」、
「リアル×ワールド」、NHKニュース・気象情報を始め、TV・ラジオのさまざまな番組で彼女の曲が使用
されている。
他人にまねのできない超絶テクニックを身につけることに心血を注ぎ、音楽の本線を外れがちなピアニストの多い中、彼女の曲はあくまで分かりやすく、親しみやすく、だれでも口ずさむことのできる、音楽的に非常に上質なものである。
いや、彼女の指先から紡ぎだされる魂に響く音色は、やはり誰にもまねはできまい。
今後彼女は、日本人のピアノに対する考え方を変えてしまうかもしれない。
日本はピアノの保有率が世界一でありながらピアノの弾ける人が非常に少なく、敷居の高いものとなっているが、幼い頃から訓練を積まなくとも、少しの練習で気軽に楽しめるピアノの名曲が、彼女の中から次々と生まれつつある。

Web Page
http://poron-piano.com/

Twitter
@poron_piano



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング