Takstar 社製ヘッドホン取り扱い開始のお知らせ

PR TIMES / 2012年2月7日 9時20分



株式会社エミライ(emilai inc. 本社:東京都中央区、代表取締役社長:河野 謙三)は、Takstar社(中国)製ヘッドホン『PRO 80』,『HI 2050』,『TS-671』の取り扱いを開始いたしました。フジヤエービック,eイヤホン,その他オーディオ機器取り扱い店(敬称略)にてお買い求め頂けます。


■ Takstar社について
Takstar社は1995年に設立され、一貫してオーディオに代表されるコンシューマーエレクトロニクス製品の製造と流通に強みを持つ会社です。Takstar社は,研究施設および各種の認定製造施設を社内に有し,マイクロフォン,ヘッドホン等の音響機器を一貫生産しています。
Takstar社は2006年に中国において最も経済成長が著しい都市と言われる恵州市に4万5千平米を超える広大な工場を新設し,2007年には本社機能を同敷地内に移転しています。現在,恵州市は中国の都市の中でも電子・通信機器の生産額で中国国内第2位の規模を誇る都市となっています。
Takstar社Webサイト:http://www.takstar.com/eng/index.asp

■ Takstar社製品取り扱いの狙い
現在のポータブルオーディオにおいて,アジア,特に中国におけるOEMを主体とするメーカーの存在は、世界の生産工場としての位置づけがなされており、低価格であることに加え、世界中の他の国々のメーカーと比較しても十分な生産品質を有する存在であることから、コンシューマーエレクトロニクス製品を製造する上では、無くてはならない存在となっています。
近年,中国の電子機器製造業者は低価格ながらも優れた性能を持つ自社製品を生産しており,当社が取り扱う『PRO 80』,『HI 2050』,『TS-671』はそれぞれTakstar社製品の中でも特にコストパフォーマンスに優れたモデルとして国内外のオーディオ愛好家からいち早く高い評価を得た話題のモデルとなります。

■ 商品詳細
ー PRO 80(オープン価格,市場予想価格:13,000円前後)
プロフェッショナル用オーディオモニター向けに提供されている密閉タイプのダイナミック型ヘッドホンです。音質向上を目的として高品質なPET樹脂ダイヤフラムを採用しています。また,Takstar社の有するノイズ低減技術の採用により,外来ノイズを効果的に抑制します。
その他,ヘッドバンドの長さを変更出来るほか,ソフトレザーのイヤーパッドを採用して,装着感を向上させています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング