CAE汎用ポストプロセッサ「EnSight」の最新版バージョン10 国内出荷開始のお知らせ

PR TIMES / 2012年6月7日 15時40分



~日本語メニューを含むユーザーインターフェースを一新!大幅な操作性の向上と作業の簡略化を実現!~

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、Computational Engineering International, Inc.(本社:米国ノースカロライナ州、以下「CEI社」)が開発・販売・サポートする、CAE汎用ポストプロセッサ「EnSight(エンサイト)」の最新版バージョン10の販売を2012年6月7日より開始することをお知らせいたします。

EnSightは、科学技術計算の解析結果を効果的に可視化し、評価する汎用ポストプロセッサです。大規模データ対応やアニメーション機能などの豊富な可視化機能に加えて、流体解析、構造解析、衝突解析、機構解析、粒子解析、鋳造解析など、多彩なCAEソフトウェアとのインターフェースを兼ね備えているため、自動車、電機、航空宇宙、化学、医療などの幅広い業界で利用されております。

今回のバージョンアップでは、メニューの日本語対応(多国語対応)に加え、各操作パネルのフローティングやドッキングを可能にするなどユーザーインターフェースが一新されました。また、EnSightの特徴でもあるプロット機能については、複数成分を同一グラフに表示できる機能の追加が行われ、もう一つの特徴であるボリュームレンダリング機能については、より速く処理できるように改良されました。その他にも、複数階層を持ったパートのグループ化などの機能改良、CAEソフトウェアとのインターフェースの追加や改良も行われております。

これにより、ユーザーはこの直感的且つ簡単な操作により、大幅な操作性の向上と作業の簡略化が可能となります。

======================================================================
EnSight バージョン10の主な機能強化
======================================================================
■ユーザーインターフェースの改良
以下の改良で、より直感的な操作ができるようになりました。
(1)メニューの日本語化(多国語)対応
日本語を含む複数の言語に対応しております。
(2)インターフェースのカスタマイズ
・アイコンバーの機能の並べ替えや非表示
・各パネルの位置や大きさの変更
・各操作パネルのフロート化
などが設定可能になっております。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング