検疫アプライアンス「QuOLA@Adapter」~Version 5.00 をリリース、Android に加えiOS 端末の検疫も実現

PR TIMES / 2014年8月20日 12時11分

このたび、日立電線ネットワークス株式会社は、自社開発・販売をしている検疫アプライアンス「QuOLA@Adapter」(クオラアダプター)の機能を強化した 「QuOLA@Adapter Version 5.00」をリリースしました。スマートデバイス端末やシステム環境の多様化に伴い、iOS端末を検疫対象とし、Windowsドメイン参加要件を検疫条件に追加したことで、ネットワーク接続端末の検疫範囲が拡大し、セキュリティをより強化することができるようになりました。



【Version 5.00 の主な機能強化の概要】

■iOS を検疫対象に追加
Windows、Mac OS、Linux、Android に加えて、iOS も検疫の対象としました。iPhone はじめとするさまざまなスマートデバイスもパソコンと同じように検疫を備えたネットワーク環境で利用することができます。

■Windows ドメイン参加要件を検疫条件に追加
Windows 端末のドメイン参加要件を検疫の条件に追加しました。ドメイン参加要件を満たしていない端末は、検疫にて不正と判定しネットワークに接続させないようにすることができます。

■外部Web 認証との連係
検疫後に入力するネットワーク認証用のID とパスワードを、外部システムのWeb 認証システムへ送信できるようになりました。
検疫と外部システムのWeb 認証を同時に行うことでユーザーの手間を軽減します。

【QuOLA@Adapter の特長】
・エージェントレスの検疫サーバー専用アプライアンス
・Windows、Mac、Linux のほか、Android、iOS といったスマートデバイスに対応
・認証スイッチ、認証サーバーと連係し端末を検疫
・さまざまなセキュリティポリシーに対応(OS、ドメイン参加状態、ウイルス対策ソフト、セキュリティパッチ、必須/禁止ソフトウェア、OS 上のファイアウォール稼働状態、資産台帳への登録状態など)
・セキュリティレベルに応じた段階的な運用が可能
・運用開始時にユーザーの混乱を防止するために、警告のみで通信を遮断しないシミュレーションモードに対応
・アクティブ/スタンバイ構成による冗長構成に対応

「QuOLA@Adapter」の詳細は、以下のURL からご覧いただけます。
http://www.hitachi-cnet.com/products/network/before/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング