1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

『手洗い白書』発表:汚れが落ちない“したふり手洗い”が52%

PR TIMES / 2012年10月11日 15時43分



              10月15日は、「世界手洗いの日」
         子ども手洗い調査隊 全国47都道府県で手洗い状況を調査
            汚れが落ちない“したふり手洗い”が52%
            特にダメなのは、男の子と40歳代の男性
                『手洗い白書』発表

      10月6~15日、千葉、東京、横浜、兵庫、佐賀で『手洗いイベント』開催

 日本ユニセフ協会は、6月末から7月末にかけて募集を行った子ども『手洗い調査隊』による、日本国内の手洗い状況の調査結果をまとめた『手洗い白書』をこの度発表します。当協会は、日本の子どもたちに正しい手洗いの大切さを楽しく伝えるとともに、世界の子どもたちが直面する保健や衛生の問題を理解していただくため、ボランタリーパートナー企業各社、電通ソーシャル・デザイン・エンジンのご協力により、2009年に 「世界手洗いの日」プロジェクトを発足し、「手をあらおう。手をつなごう。」の合言葉のもと、さまざまな取り組みを行っています。

 「世界手洗いの日」プロジェクト4年目となる今年は、全国47都道府県の小学校3年生から6年生までの子ども約108名を『手洗い調査隊』の隊員に任命し、家庭や学校などで、家族や友達の“手洗い状況”を調査してもらいました。「どんな時に手を洗ったか」「何秒間手を洗ったか」「どの場所を洗ったか」「せっけんを使ったか」「洗った後ハンカチやタオルで手をふいたか」などのチェック項目に従って実施された『手洗い調査隊』の報告によると、調査対象(536人)中47%が、「正しい手洗い」に必要とされる20秒を超える手洗いを実行していた一方で、31%が10秒以下の不十分な手洗いを行っていました。また、全体の約10%は、手をぬらしただけか「短すぎて判別不明」という結果も見られました。男女比では、男性(特に0-19歳と40-49歳の年齢層)よりも女性の方が、正しい手洗いをしている傾向も明らかになりました。なお、今回の調査結果の詳しい内容は、『手洗い白書』として、10月15日(月)、「世界手洗いの日」特設ホームページ( http://handwashing.jp/)にて発表する予定です。
*報道機関の皆様には、事前に詳細のお渡しが可能です。
 
「正しく手を洗うためには20秒以上の時間が必要」と語るのは、2009年第1回からプロジェクトに参加いただいている千葉県こども病院感染症科の星野直医師。星野先生からは、「今回の調査は、私たちが日頃から何気なく行っている手洗いについて、改めて考える良い機会になったのではないでしょうか。」と講評をいただきました。また、「私たちの手は、目に見えないたくさんのバイ菌(細菌やウイルス)で汚れています。手についたバイ菌が体の中に入って病気を引き起こしたり、周りの人にバイ菌を移したりしてしまうこともあります。つまり、手洗いは私たちみんなの健康を守るためにとても大切です」とのメッセージもいただいています。
 
10月15日の「世界手洗いの日」に向けて、10月6~15日、国内各地で様々な『手洗い』に関するイベントが開催されています(次頁以降参照)。

『手洗い』に関するイベントのご案内

10月15日の「世界手洗いの日」の当日、ユニセフは、世界中で、子どもたちにせっけんを使った正しい手洗いを普及するイベントを展開します。日本ユニセフ協会では、国内でも、正しい手洗いの方法を楽しく学び、世界の子どもたちが直面する保健や衛生の状況もより深く理解していただくため、今年も、千葉(浦安)、東京(渋谷)、神奈川(横浜)、兵庫(甲子園)、佐賀(佐賀市)の各都県で、各地域のユニセフ協会やボランタリーパートナーの皆様とご一緒に、多様な『手洗いイベント』を実施しています。
イベントの詳細は以下のサイトでもご覧いただけます。
⇒  http://handwashing.jp/news/120925.html

報道機関のみなさまにおかれましては、ご多忙のことと存じますが、ぜひ各地域の活動もご取材いただき、“正しい手洗い”の啓発、「世界手洗いの日」プロジェクトへの参加を呼びかけていただきますよう、お願い申し上げます。

全イベントが、原則報道公開です。是非ご取材ください!


●兵庫「こども手洗い調査隊@キッザニア甲子園」

キッザニアの街のなかで、手洗いについての調査をするお仕事が10月6日(土)~14日(日)まで期間限定で登場。10月14日(日)には、調査結果の発表会も行われます。
日時 10月6日(土)~10月14日(日) こども手洗い調査隊のお仕事実施日
   10月14日(日)9:30~10:30 こども手洗い調査隊 調査結果発表会
場所 キッザニア甲子園 兵庫県西宮市甲子園八番町1-100 ららぽーと甲子園
地図  http://www.kidzania.jp/koshien/access/
参加方法 当日会場にて先着順に受け付け。詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。
(キッザニア甲子園に入場されている方対象のイベントです)
http://www.kidzania.jp/koshien/


●東京「 世界手洗いダンス@ダンストリエンナーレトーキョー2012」

こどもの城にて、世界手洗いダンスの振り付けをしてくださったダンサーの森山開次さんが、会場に集まった親子と一緒に「世界手洗いダンス」を踊ります。
日時 10月13日(土)13:30~14:00(開場 13:00)
場所 こどもの城ピロティ(広場)東京都渋谷区神宮前5-53-1
地図  http://www.kodomono-shiro.jp/access/index.shtml
定員 50組100名・参加無料(要事前申込み)
申込  http://www.handwashing.jp/news/120925_2.html


●千葉「『てあらいがっこう』他2つのプログラム@イクスピアリ」

イクスピアリでは、親子で楽しめるプログラム「てあらいがっこう」などを開催します。機械を使って日ごろの手の汚れを知る特設ブースやユニセフの手洗いを広める活動を紹介するパネルの展示、手製の簡単な手洗い場なども設置します。
日時 10月13日(土)~15日(月)
場所 イクスピアリ内 2階エントリー・プラザ 1階「イクスピアリ・キッチン」内キッズスペース
   千葉県浦安市舞浜1番地4
地図  http://www.ikspiari.com/info/access/index.html
詳細  http://www.ikspiari.com/ent/event_wash_121013.html(参加費無料)


●神奈川「 世界手洗いダンス@横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」

アンパンマンが、会場の子どもたちといっしょに『世界手洗いダンス』を踊ります。
日時 10月15日(月)13:30~14:00
場所 横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール アンパンマン広場
   横浜市西区みなとみらい4-3-1
地図  http://www.yokohama-anpanman.jp/access/index.html
参加方法 事前お申込不要(参加費無料)

※佐賀県(佐賀市)でのイベントについては、別途ご案内申し上げます。
 
■「世界手洗いの日」とは
世界では、年間690万人もの子どもたちが、予防可能な病気が原因で命を落としています。せっけんを使って正しく手を洗うことで、その原因ともなっている下痢性疾患や肺炎を予防し、100万人もの子どもたちの命が守られると言われています。「世界手洗いの日」は、国際衛生年であった2008年、ユニセフをはじめ、水と衛生問題に取り組む国際機関や大学、企業など13の組織から成るせっけんを使った手洗いのための官民のパートナーシップによって10月15日に定められました。

■ 日本での展開 ー 「世界手洗いの日」プロジェクト
日本ユニセフ協会は、日本の子どもたちに、正しい手洗いの大切さを楽しく伝えるとともに、世界の子どもたちが直面する保健や衛生の問題を理解していただくために、2009年プロジェクトを発足。「手をあらおう。手をつなごう。」の合言葉のもと、楽しく手洗いの習慣を身につけてもらうため、ダンサー・森山開次さん振り付けによる「世界手洗いダンス」(聖路加看護大学小口江美子先生監修)や特設サイトwww.handwashing.jp、ポスター、リーフレットを制作しました。また、取り組みに賛同いただいたボランタリーパートナー企業各社様より、運営に関わる費用や自社製品のご提供などのご協力をいただいております。
王子ネピア株式会社、花王株式会社、川辺株式会社、サラヤ株式会社、株式会社ニチオン、
ライオン株式会社(五十音順、敬称略)

■ 日本ユニセフ協会について
公益財団法人日本ユニセフ協会は、先進工業国36の国と地域にあるユニセフ国内委員会のひとつで、日本国内において民間としてユニセフを代表する唯一の組織として、ユニセフ活動の広報、政策提言(アドボカシー)、募金活動を担っています。 ( http://www.unicef.or.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング