ザイリンクスとBarco Silex、IBC 2012でビデオオーバー IP の開発を容易にするAll Programmable ソリューションとデザインサービスを発表

PR TIMES / 2012年9月13日 13時26分



FPGA を使ったプラットフォームの柔軟性が、放送機器OEM 企業の「未来の変化に耐える」次世代 IP ベース システムの市場投入時間を短縮


ザイリンクス社 (本社 : 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ : XLNX) は 9 月 6 日 (米国時間)、IBC 2012(ホール 10、スタンド #10.B25)において、ビデオオーバー IP ソリューションの開発を容易にするため協力関係を結ぶことを発表した。具体的には、ザイリンクスの All Programmable FPGA および SoCに対応したハードウェア検証済み IP、リファレンス デザイン、システム インテグレーション サービスを組み合わせた総合的なプラットフォームの形を取る。両社の新たな動きによって、放送機器の OEM 企業は製品開発を加速するとともに、既存の製品と開発中の製品に最新のビデオオーバー IP 機能を加えることができる。

ザイリンクスのブロードキャストおよびコンシューマー セグメント マーケティング担当ディレクター、ベン ラニヤン(Ben Runyan)は、「放送事業者がIP を利用したインフラに移行するプロセスは複雑です。業界の各種標準が流動的であり、そのうえ機器メーカーには新しい標準を実装し標準の変化に対応するというプレッシャーがあるからです。今後、機器メーカーは、『未来の変化に耐える(future proof)』 IP ビデオ ソリューションを開発するた
めの『ワンストップショップ』と言うべき総合的なFPGA ベースのプラットフォームを利用できることになります。機器メーカーはザイリンクスの7 シリーズ FPGA が持つ再プログラム性によって各種標準の変化に対応できるだけでなく、プログラマブルなプラットフォームによって製品の開発時間を短縮し、革新的な機能に集中することができます」と述べている。

Barco SilexのCEO、 ティエリ ワッテニエ (Thierry Wattenye) 氏は、「今回の協力関係は両社の強みを活かしたもので、明らかに放送機器OEMメーカーのメリットになるはずです。メーカーは、重要な標準、仕様、プロトコルの変化に対応できる新しい IP ベースのビデオ ソリューションについて、開発時間を短縮する必要があるからです。Barco Silex とザイリンクスは共同して、ハードウェア検証済みIP とリファレンス デザインとを組み合わせたまさに最高のプラットフォームをメーカーに提供し、さらにこれを広範なシステム インテグレーション サービスとデザイン サービスで補完していきます」と述べている。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング