ORSO、ジャパン・ドローン2018に出展し、ドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C) プログラミング」を初出品

PR TIMES / 2018年3月21日 11時1分

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSOは、2018年3月22日~24日に幕張メッセで開催される民生用・商業用ドローン産業の国際展示会「ジャパン・ドローン2018―Expo for Commercial UAS market―」に出展し、楽しみながら、学び、体験する、新しいドローンの可能性を追求したドローン操縦者向け教育アプリ「DRONE STAR(C)」や、昨年12月に開発を発表し、現在先行導入企業様向け評価を行っていただいている、ドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C) プログラミング」を、初めて出品し、展示致します。



[画像: https://prtimes.jp/i/28871/15/resize/d28871-15-369194-0.jpg ]

開催期間中、国際コンファレンスの特別講演や、ドローンビジネスチャレンジ審査員で弊社代表の坂本が登壇するほか、24日(土)最終日の社会人向けドローンスクールプログラムでは、室内フライトショーケースエリアにて、楽しみながら、学び、体験する「DRONE STAR(C)」の体験会を実施し、併せて弊社ブースにて「DRONE STAR 01」の販売を行います。

〇DRONE STAR by ORSO出展概要【ブースF06】
開催日時:
2018年 3月22日(木)10時~17時30分
3月23日(金)10時~17時30分
3月24日(土)10時~17時
会場:幕張メッセ 展示ホール5、国際会議場 (〒261-8550 千葉市美浜区中瀬2-1)
ジャパン・ドローン2018公式: http://www.japan-drone.com

〇株式会社 ORSO について:
株式会社 ORSO は、ユーザー体験をデザインする会社として、IT サービス開発とドローン利活用推進を行っています。2014 年より多くの映像撮影を通じて自社安全運航基準を策定。教育事業として、DJI CAMP インストラクター技能認定と JUIDA 認定スクール講師免許を取得し、JUIDA 第1校目となる認定スクール「ロボティクスアカデミー」にて 100 名を超えるドローンオペレーターを輩出。ドローン×アプリ事例として、18g の屋内専用ドローン「DRONE STAR 01」に対応したドローン操縦者向け教育アプリ「DRONE STAR(C)」をリリース。これまで培ってきたノウハウを生かし、アプリケーション開発やサービス開発を通じてユーザー体験をデザインし、ドローンの利活用を推進しています。
ORSO ホームページ: https://www.orso.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/ORSO.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング