Webアプリケーションを保護するBarracuda Cloud Application Protectionを発表

PR TIMES / 2019年11月6日 18時55分

~Microsoft Azure上に数ステップで導入でき、カスタマイズ可能。アプリケーション脆弱性のスキャンと修復、高度なボット対策、DDoS対策、APIセキュリティを数ステップで実現~

クラウド対応のセキュリティソリューションをリードするプロバイダであるBarracuda Networks, Inc.(本社:米国カリフォルニア州キャンベル)の日本法人である、バラクーダネットワークスジャパン株式会社(東京都品川区、執行役員社長:大越大造、以下バラクーダネットワークス)はBarracuda Cloud Application Protectionを発表しました。本製品は現在の企業が直面するアプリケーションセキュリティへの増大する脅威に対処できます。また、Webアプリケーションセキュリティを実装しており、Barracuda WAF-as-a-Serviceを含んでいます。Barracuda WAF-as-a-Serviceは、Microsoft Azure上で動作でき、Azure Marketplaceで提供されています。

■新製品発表の背景
企業の変化がデジタル変革によって加速しているため、Webアプリケーションはビジネスに不可欠になっていますが、現在、WAF(Web Application Firewall)で保護されているアプリケーションは、わずか10%です。1この主な原因は、WAFの管理が複雑であり、多くのリソースを必要とするためです。

■Barracuda Cloud Application Protectionについて
Barracuda WAF-as-a-Serviceは、Barracuda Cloud Application Protectionの一部として、十分な機能を実装しており、導入および管理しやすいソリューションです。このため、従来より広範な市場にアプリケーションセキュリティを提供できます。Barracuda Cloud Application Protectionは、WAF機能だけでなく、アプリケーション脆弱性のスキャンと修復、高度なボット対策、DDoS(分散サービス拒否)対策、およびAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)セキュリティを実装しています。

Barracuda WAF-as-a-Serviceは、Microsoft Azureによって、54のAzureリージョン全体で簡単に導入でき、緻密な管理とカスタマイズ機能を実装しています。また、Azure Marketplaceから数回のクリックと数分の時間だけでサービスとして導入でき、Webアプリケーションを保護できます。

バラクーダ、データ保護/ネットワーク/アプリケーションセキュリティ/エンジニアリング/製品管理担当シニアバイスプレジデント、Tim Jeffersonは「企業にはアプリケーションを場所に関係なく保護できる管理しやすく柔軟性の高いアプリケーションセキュリティが必要です。Barracuda Cloud Application ProtectionとパブリッククラウドにホスティングされたBarracuda WAF-as-a-Serviceによって従来より広範な市場にそのようなセキュリティを提供できます。」と述べています。

Barracuda Cloud Application Protectionは、システムインテグレータやリセラーのソリューションにもバンドルしています。たとえば、10th Magnitude社の医療業界向けに最適化されたAzure CAF(クラウド導入フレームワーク)「Landing Zone」は、サービス、コンサルティング、ワークロード移行を提供するサービスです。Barracuda Web Application Firewallはセキュリティ強化を目的でバンドルされています。これにより、ワークロードとアプリケーションをMicrosoft Azureに簡単かつセキュアに移行することができるようになりました。

10th Magnitude、Alex Brown氏は「弊社は自社サービスにBarracuda Web Application FirewallにバンドルしてLanding Zoneを開発しました。それにより、お客様は、強力なセキュリティソリューションが組み込まれていることによる安心し、この医療業界向けに最適化されたAzure CAFを効率的に使用できます。」と述べています。

■バラクーダのAzure関連の取り組み
バラクーダは今週のMicrosoft IgniteカンファレンスでAzure Virtual WANをサポートするBarracuda CloudGen Firewallも紹介します。Barracuda CloudGen Firewallは、最近発表されたマルチリンクサポートを含むAzure Virtual WANのすべての機能をサポートする最初のセキュリティソリューションであり、Office 365に移行しようとしているお客様に、分散しているリモートユーザの待機時間をAzureバックボーンによって軽減するオプションを提供します。
マイクロソフト、サイバーセキュリティソリューショングループ、コーポレートバイスプレジデント、Ann Johnson: バラクーダは、セキュリティ分野の経験が豊富であり、弊社のパートナーおよびお客様とどのように協力するかを理解しています。弊社のお客様がクラウドでビジネスをセキュアに運営できるように、バラクーダと引き続き協力することを楽しみにしています。

参考情報
Barracuda Cloud Application Protectionの詳細: https://www.barracuda.com/cap
Barracuda WAF-as-a-Serviceの詳細: https://www.barracuda.co.jp/products/waf-as-a-service/Barracuda CloudGen Firewallの詳細: https://www.barracuda.co.jp/products/nextg/
バラクーダのMicrosoft Azure向けのソリューションの詳細: https://www.barracuda.com/programs/azure

*1 Gartner, Defining Cloud Web Application and API Protection Services, Jeremy D'Hoinne, Adam Hils, Published:26 February 2019
https://www.gartner.com/en/documents/3903064/defining-cloud-web-application-and-api-protection-servic

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング