1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

企業のBIM推進を人材面でサポート 実践的なスキルを持つBIM技術者を育成し派遣

PR TIMES / 2021年4月15日 15時45分

2次元CADオペレーターからBIM技術者へのキャリアアップを支援

総合人材サービスのパーソルグループで人材派遣・アウトソーシング事業を手掛けるパーソルテンプスタッフ株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 木村 和成、以下パーソルテンプスタッフ)は、4月よりBIMコンサルタントが開発・監修する教育コンテンツを用いた研修で実践的なスキルを持つBIM*技術者を育成し、派遣いたします。人材確保が急務となっているBIM推進企業に貢献すると同時に、2次元CADオペレーターからBIM技術者へのキャリアアップを支援いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/71141/15/resize/d71141-15-391898-0.png ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/71141/15/resize/d71141-15-212655-1.jpg ]

■背景:労働人口の減少と実務者の負荷分担のためにも実践スキルを持つBIM技術者の需要はますます高まる
 国土交通省は、2023年時点では、建設業において21万人程度の人材が不足すると見通しを発表**しました。
 中でも、新しいプロセスであるBIMを活用する案件では、従来のプロジェクト推進手法に比べ多様な知識と複雑なスキルを必要とするシーンが多くなり、実務者の負担はますます大きくなっています。
 労働人口の減少への対応や実務者の労務負荷を分散するためにも、実践スキルを持つBIM技術者の需要は、今後も増加していくと見込まれています。

*BIM(Building Information Modeling):3次元の形状情報に加え、室などの名称・面積、材料・部材の仕様・性能、仕上げなど、建物の属性情報を併せ持つ建物情報モデルを構築するシステム。(国土交通省BIMガイドラインより)
**出典:国土交通省「建設業を巡る最近の状況」  https://www.mlit.go.jp/common/001268636.pdf

■概要:BIMコンサルタントが開発する実践的な教育コンテンツでBIM技術者を育成し派遣
 パーソルテンプスタッフでは、27年にわたり累計約8800社に約3万5000人の2次元CADオペレーターを派遣してきました。この実績を生かし、2次元CAD経験者を対象に、BIMの重要な概念を理解した上で、2次元CADから実践的なBIMオペレーションへ移行するプロセスや実践的なスキルが習得できる研修を提供し、修了したスタッフを企業に派遣いたします。

1.研修の構成
 本研修は、BIMを実践で活用するためのスキルの習得を目的に構成しています。
 従来の一般的なBIM研修では、BIMソフトウエアの基本機能の使い方が中心となっていたため、実務で使おうとしても、作図ツールである2次元CADの延長でBIMを扱ってしまい、3次元の形状と属性情報を扱うスキルが求められるBIMソフトウエアを実務で活用するには大きな隔たりがありました。
 そこで本研修は、BIMの概念の理解から円滑にBIMソフトウエアのオペレーションへ移行する基礎編と、実践的なスキルの習得を目的とした実践編で構成します。
 さらに修了後は、継続的スキルアップ編の動画配信による自己学習の支援を予定しています。

●基本編:BIMの概念とデータ構成を理解し、ツール全般の基礎知識とBIMモデルの基本的な構築方法が習得できます。
●実践編:BIMモデルからの図面化手法・BIMモデルが持つ情報の活用手法などを中心に習得できます。
●継続的スキルアップ編:各利用シーン別の解説や、基礎編・実践編で得た知識をさらに掘り下げた内容を予定しています。

2.2人のBIMコンサルタントが教育コンテンツを開発・提供し、研修カリキュラムを監修
 BIMコンサルタントとして豊富な実績を持つ牧野能久氏と池田雅信氏が監修。
 2次元CADの教育手法とは異なるBIMモデル・データの扱いに対応すべく、教育コンテンツを開発。BIMの概念を正しく理解するとともに、2次元CADとは大きく異なるBIMソフトウエアの基礎から実務で活用するためのスキルを習得できる内容で構成します。

<監修者紹介>
[画像3: https://prtimes.jp/i/71141/15/resize/d71141-15-549714-2.png ]

牧野 能久氏(株式会社インクス 代表取締役)
BIMコンサルティング会社で多数のBIMプロジェクトに携わった後、2015年に株式会社インクス設立。以降、BIMコンサルティング事業を主軸として設計・施工・積算・FM 分野における業務支援を行っている。
また、企業へのBIM研修をはじめ、大学・専門学校でも講師を務めるなど、BIMの普及・教育活動にも従事。
オートデスク社「REVIT」を担当。
[画像4: https://prtimes.jp/i/71141/15/resize/d71141-15-729302-3.png ]

池田 雅信氏(池田雅信建築デザイン事務所 代表者、グラフィソフト社公認コンサルタント)
大手ゼネコン設計部に12年在籍後、池田雅信建築デザイン事務所を開設。2次元CADによる業務手法を経た後に現在においては殆どの設計業務においてBIMを取り入れて実施している。その経験により、多数のBIMコンサルティングに加え、大手建設会社のBIM顧問、日本建築学会 BIM関連ワーキング委員とその主査も長年務めてきている。著書に「徹底 ArchiCAD作法」「徹底 ArchiCAD20作法」がある。
グラフィソフト社「ArchiCAD」を担当。

3.第1回研修の日程
本格運用に先行して前述のコンテンツを部分的に用いた研修を開催します。内容は順次改訂していきます。

[表: https://prtimes.jp/data/corp/71141/table/15_1.jpg ]



 今後も新たなサービスの創造を通じて、建設業界が求める人材の提供をすると同時に、派遣スタッフの多様なキャリア形成に注力し、グループビジョンである「はたらいて、笑おう。」の実現を目指してまいります。

<研修に関するお問い合わせ先>
CAD・Creative事業部
メールアドレス: challengecad@tempstaff.co.jp
電話番号: 0120-292-102(東京) 0120-102-872(大阪)


■パーソルテンプスタッフ株式会社について< https://www.tempstaff.co.jp/
 パーソルテンプスタッフ株式会社は、人材派遣、ビジネス プロセス アウトソーシング、官公庁受託事業などのサービスを提供しています。2017年7月より、テンプスタッフ株式会社からパーソルテンプスタッフ株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」について< https://www.persol-group.co.jp/
 パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様な事業を展開しています。グループの経営理念・サステナビリティ方針に沿って事業活動を推進することで、持続可能な社会の実現とSDGsの達成に貢献していきます。
 また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも積極的に取り組み、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、テクノロジー人材のエンパワーメントと企業のDX組織構築支援を行う「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング