1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

AIによる自動ズーム機能を搭載したパーソナルWEB会議用カメラ「PanaCast20」を10月より販売開始

PR TIMES / 2021年10月1日 15時45分

~4K Ultra HDビデオで高画質な映像を届ける~



[画像1: https://prtimes.jp/i/72842/15/resize/d72842-15-34855efea78b42e97568-0.jpg ]

デンマーク(コペンハーゲン)を本拠とする業務用およびオフィス向け、コンシューマー向けヘッドセットブランドJabra (ジャブラ)を展開するGN Audio A/S社の日本法人GNオーディオジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表:安藤 靖 以下:Jabra)は、快適なオンライン会議をサポートするインテリジェントパーソナルカメラ「PanaCast 20」を10月より販売開始いたします。

今年4月に発表されたこのパーソナルWEB会議用カメラは、最先端の技術を駆使した、インテリジェントで安全な次世代のポータブルビデオカメラです。プラグアンドプレイ対応の「PanaCast 20」は、ニューノーマルな生活様式のなかで、新たなパーソナルオンライン会議体験を提供します。

世界中のビジネスが新しいハイブリッドな働き方に適応するためには、ビデオが不可欠であり、従来のビデオツールでは対応しきれません。しかし、どんなモニターにも装着できるPanaCast 20があれば、プレゼンテーションする物や場所に関わらず、自信を持って常に優れた映像を届けることができます。高度なプロセッサー、パワフルなオンボードAI、13メガピクセルのプレミアムカメラを使用したJabra PanaCast 20は、シャープでクリアな4K Ultra-HD映像をほぼ遅延もなく、リアルタイムで提供できます。

Jabra PanaCast 20

[画像2: https://prtimes.jp/i/72842/15/resize/d72842-15-b5871e4fd78ce5feb237-1.jpg ]

◆AIによる「インテリジェントズーム」
AIがユーザーの動きを自動で追い、リアルタイムで瞬時に画角を調整することができます。これにより、ユーザーが常に画角の中心にいることが保証されるため、まるで参加者同士が同じ部屋にいるような感覚で自然に会議を行うことができます。また、PanaCast 20は照明の調節も自動で行うことができます。インテリジェントな自動照明補正機能(Lightning Optimization)が使用環境を分析し、照明が不十分な場所でも、優れたビデオ品質を提供するため自動で明るさを調整します。

PanaCast 20は、強力なEdge AI処理により、メインピクチャー内に別のビデオストリームを設定、統合することができる、ピクチャーインピクチャーモードも搭載しています。このモードは、デュアルストリームデバイスがサポートされていなくても、あらゆるUCプラットフォームで動作します。

◆高度なセキュリティで安心して使用できる
リモートワークでは、新たなネットワーク接続が必要になる場合がありますが、多くの従業員が企業の情報を脅威にさらす危険性や、新たなセキュリティ上の課題も生じてきます。PanaCast 20では、その心配はありません。このインテリジェントパーソナルカメラは、エッジ処理によりデバイス上で管理されるAIが搭載されており、追加のソフトウェアをインストールすることや、余分なデータをクラウドに送って処理することなく、デバイス上で直接、高度な機能が動作します。その結果、すべての動作はデバイス本体で行われるため、データ漏洩のリスクが大幅に軽減されます。同時に、PanaCast 20には、カメラレンズを覆うように配置できる一体型のプライバシーカバーが搭載されており、ユーザーは自分の姿を映すか映さないかをコントロールすることができます。

Jabra PanaCast 20はすべての主要なUCプラットフォームに対応しており、ユーザーは、ヘッドセットのJabra Evolve2 65やスピーカーフォンのSpeak 750など、他のJabraオーディオソリューションと組み合わせても使用することができます。また、定期的なソフトウェアアップデートを提供し、常に費用価値に見合った最高の品質をお届けします。

Jabraのインテリジェント・ビジョン・システム シニアバイスプレジデント Aurangzeb Khanは、このように述べています。
「この1年半の間に、世界はハイブリッドな働き方に適応しなければならず、ビデオ会議はチームをまとめるための接着剤のような役割を担ってきました。仕事上の人間関係を構築したり、生産性を維持したりするためには、ビデオ会議を正しく利用することが必要不可欠です。どこにいても品質に妥協してはいけません。これがJabra PanaCast 20を開発した理由です。この製品は、ビデオコラボレーションの新しいスタンダードとなるように設計されており、過去18ヶ月の間に私たちが経験したビデオ利用における不満を軽減してくれます」。


Jabra PanaCast 20の主な機能と仕様
・プレミアムAIを搭載した4K Ultra-HDビデオ画質
・常にユーザーを画角の中心に映し出す、AIによるインテリジェントズーム機能
・どこにいても完璧な画質を提供するインテリジェントな明るさ調整
・ピクチャーインピクチャー機能でよりインパクトのあるプレゼンテーションを実現
・強力なオンボードAIプロセッサーでデータの安全性を向上
・プライバシーカバーを内蔵し、必要なときにプライバシーを確保できる
・柔軟な働き方を可能にしてくれる。クリップでモニターに固定可能。保護ケースが付属
・真のプラグアンドプレイを実現。すべての主要なUCプラットフォームでシームレスに動作

Jabra PanaCast 20:
発売日:2021年10月
色:ブラック
希望小売価格:3万5000円(税抜)
詳しくはこちらをご覧ください:www.jabra.com/panacast20

Jabraについて
Jabraはオーディオ、ビデオ、コラボレーションソリューションの世界的リーダーであり、消費者と企業向けの製品開発のため日々研究を重ねています。GNグループの一員として、その150年にわたる先駆的な取り組みをベースに、卓越したJabraのエンジニアリングがこれまで業界をリードしてきました。この技術開発力により、ビジネス向けにはコンタクトセンター、オフィス、コラボレーションのための統合されたツールを、また消費者向けには通話、音楽、メディアをさらに楽しめる完全ワイヤレスヘッドホンやイヤホンを生み出してきました。GNグループは全世界で6,500人の社員を擁し、2020年の年間収益は134億DKK(約2,302億円)に上ります。Jabraは年間売り上げ87億DKK(約1,495億円)、社員は約1,900人で、ナスダックコペンハーゲンに上場しています。GNグループは、革新性、信頼性、使いやすさを提供し、より良いライフスタイルの実現をサポートします。
www.jabra.com

(C)2021 GN Audio A/S。全著作権を所有します。 Jabra(R)はGN Audio A/Sの登録商標です。
その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。(デザインと仕様は予告なく変更される場合があります)。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング