バニラアイスクリームとコーヒーアイスクリームがうずまき状に混ざり合う 「PARM(パルム) カフェモカ」 10月22日(月)より全国で新発売!

PR TIMES / 2012年10月2日 12時10分



森永乳業は、大人世代に人気のアイスクリームブランド「PARM(パルム)」シリーズから「PARM(パルム) カフェモカ」を10月22日(月)より、全国にて新発売いたします。

なめらかでコクのあるアイスクリームを口どけの良いチョコレートでコーティングした「PARM(パルム)」は、平日のちょっとした贅沢を提供する“デイリープレミアム(R)”アイスクリームバーとして2005年春に発売しました。

発売以来「PARM(パルム)」が多くのお客さまからご好評いただいている要因として「PARM(パルム)」のキーワードでもありますデイリープレミアム(R)、“日常のちょっとした贅沢”を取り入れたいと思っている人が増えているという背景が挙げられます。当社で行った調査(※)によると、「平日にちょっとした贅沢を実践したことがある」という人は62%と6割以上。また、「今後ちょっとした贅沢を実践する機会が増える、または変わらない」と回答した人は73%と7割を超え、前年と比較しても12%増という結果になりました。この結果からも、今後ますます“平日のちょっとした贅沢”を求める人は増加することが予想されます。

※調査期間:2012年3月 ・ 調査方法:インターネット調査 ・ 調査対象:20~60代1,000名(男女各500名)


今回新発売する「PARM(パルム)カフェモカ」は、うずまき状に混ざり合う、コクのあるなめらかなバニラアイスクリームと、コロンビア産コーヒー豆をエスプレッソ抽出したコーヒーエキスを使用した苦みの効いたコーヒーアイスクリームを、チョコレートでコーティングしたアイスクリームバーです。

前段の調査内で、“平日のちょっとした贅沢”を楽しむ際にコーヒーを楽しむ方が多いというご意見が多く、「PARM(パルム)」の特長であるチョコレートを活かしたコーヒーということで「カフェモカ」を選定いたしました。また、昨今「素材そのものの味わいに苦みがたった味わい」、「濃厚だが後に引かない味わい」のものが人気という味のトレンドを考慮しつつ、コーヒーの苦味と香りそしてボディ感をもつコロンビア産のコーヒー豆のエキスを使用し、後味の引かない濃く深い味わいを目指しました。

“平日のちょっとした贅沢”のお供に、「PARM(パルム)」を選んでいただけるよう、これからもお客さまにご満足いただける商品を発売し、商品ラインナップを拡充してまいりますので、是非ご期待ください。


1. 商品特長

混ざり合うコクのあるなめらかなバニラアイスクリームと、苦みの効いたコーヒーアイスクリームを、甘いチョコレートでコーティングしたアイスクリームバーです。コーヒーアイスクリームにはコロンビア産コーヒー豆から抽出したコーヒーエキスを使用し、濃厚で苦味のある本格的なコーヒーの味わいをお楽しみいただけます。

2. 商品概要

(1)商品名     PARM(パルム) カフェモカ
(2)種類別     アイスクリーム
(3)内容量     55ml×6本
(4)主要ターゲット 20代女性、40-50代女性
(5)主要売場    スーパーマーケット、CVS
(6)発売日・地区  2012年10月22日・全国
(7)保存方法    要冷凍(-18℃以下)
(8)包装形態    紙カルトン、ピロー包装
(9)カロリー    140 kcal(1本当たり)
(10)希望小売価格  380円(税別)
(11)JANコード   4902720 100625

3. お問い合わせ先

森永乳業株式会社
冷菓事業部  今藤(いまふじ)・木下  TEL:03-3798-0136
広報部     杉内・高橋       TEL:03-3798-0126


<お客さまからのお問い合わせ先>
お客さま相談室   フリーダイヤル:0120-082-749

<森永乳業ホームページ>      http://www.morinagamilk.co.jp
<「PARM(パルム)」ホームページ> http://parm-ice.jp/


【参考資料】

「PARM(パルム)」のこだわり
■その1 なめらかさ
アイスクリームは凍結に時間をかけるほど組織の粒子は大きくなり、なめらかさが失われてしまいます。「PARM(パルム)」はアイスクリームを急速凍結させ、粒子が細かい状態で仕上がるため、口当たりの良いなめらかなアイスクリームに仕上がります。


■その2 口どけ
一般的なチョコレートアイスクリームバーは、チョコレートがパリパリしており、食べる時にはがれ落ちたり、口の中でアイスクリームが先に溶けチョコレートが残ることがあります。パルムのチョコレートは、体温と同じ温度で液状になるように融点をコントロールしており、口に含むとアイスクリームと溶け合い、またチョコレートがはがれにくいため、最後までチョコレートとアイスクリームを同時に楽しめます。


■その3 コクのある味わい
アイスクリームには、乳業会社ならではの、脱脂濃縮乳やクリームなどを使用しています。さらに、脂肪分などを微細分化し、均質化したり、空気を取り込みながら攪拌することで、なめらかでコクのある味わいのアイスクリームを実現しています。


2011年度は年間出荷額が100億を超え、発売初年度と比較し約6倍に伸長しています。
2012年上半期も引き続き好調を維持しており、2012年度の見込みは初年度の約7倍となる予定です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング