ウエストロー・ジャパン、辰已法律研究所と業務提携 法科大学院在校生および修了生に司法試験関連サービスを提供 2012年2月からサービス開始

PR TIMES / 2012年2月13日 11時16分



ウエストロー・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 内田祥造)は、辰已法律研究所(東京都新宿区、代表取締役所長 後藤守男)と業務提携し、法科大学院在校生および修了生への司法試験に関する情報提供サイト『Westlaw Japan Legal Navigator(通称:リーガル・ナビ)』を、2012年2月から運用開始いたします。

『Westlaw Japan Legal Navigator』は、主に辰已法律研究所からコンテンツの提供を受けて、ストリーミングによるビデオ講座および合格体験記、短答式実力診断テスト、短答式問題メールマガジン、「判例まんが」などのオンライン書籍を含む多彩なサービスを配信いたします。また、弁護士等実務家から法科大学院生へ向けたメッセージや、司法試験に関する最新動向なども提供いたします。

ウエストロー・ジャパンは、これまで法科大学院のシラバスを管理するシステム『Westlaw Japan Academic Suite (*)』を展開してまいりました。今回、司法試験受験指導で最も評価の高い辰已法律研究所と提携して運用する『Westlaw Japan Legal Navigator(通称:リーガル・ナビ)』との連携により、学生は法科大学院在学中から司法試験に関する様々な情報を享受できることとなり、学習の効率化と学力の向上を図ることができます。

ウエストロー・ジャパンは、これからも法科大学院生及び修了生の学習の効率化と学力の向上にむけたサービスを強化することにより、法科大学院を支援していきます。

【Westlaw Japan Legal Navigator】
http://academy.westlawjapan.com/syllabus/as/v/1227wsj/0001/login_top


(*) 総合教育サポートシステム『Westlaw Japan Academic Suite』
ウエストロー・ジャパンの『Westlaw Japan Academic Suite』は、法科大学院の運営に必須なシラバス(講義の計画)システムをベースに、学習支援機能として法情報総合オンラインサービス『Westlaw Japan』の法令・判例等の検索機能を付加した総合教育サポートシステムです。ウエストロー・ジャパンでは、この『Westlaw Japan Academic Suite』を、法科大学院における効果的な教育・学習推進のための「総合教育インフラ」として位置づけており、将来の貴重な法曹界の人材育成のために無償(実費として1校あたり3万円/月)にて提供しております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング