BPO放送倫理検証委員会 フジテレビ『ほこ×たて』ラジコンカー対決に関する意見を公表、 「番組の制作過程には、重大な放送倫理違反があった」

PR TIMES / 2014年4月1日 17時25分

-------------------------------------------------------------------------------------
BPO放送倫理検証委員会
フジテレビ『ほこ×たて』ラジコンカー対決に関する意見を公表、
「番組の制作過程には、重大な放送倫理違反があった」
http://www.bpo.gr.jp/
-------------------------------------------------------------------------------------


 放送倫理・番組向上機構[BPO] の放送倫理検証委員会(川端和治委員長)は、フジテレビ『ほこ×たて』ラジコンカー対決に関して、2014年4月1日(水)記者会見し、「ない対決を、ある」としたこと、制作体制の組織的な問題、などを指摘した上で、「番組の制作過程には、重大な放送倫理違反があった」とする意見を公表しました。

---------------------------------------------
■ 概要
---------------------------------------------
フジテレビのバラエティー番組『ほこ×たて 2時間スペシャル』(2013年10月20日放送)で、出演していたラジコンカーの操縦者が放送後、「対決内容を偽造して編集したものが放送された」と指摘する文章をインターネットに公開した。フジテレビは社内調査の結果、視聴者の期待と信頼を裏切ったとして謝罪するとともに、番組を打ち切った。

-------------------------------------------------------------------
■ 委員会の判断-制作過程は適正ではなかった
-------------------------------------------------------------------
「真剣勝負」は全くの演出ナシ、打ち合わせナシのぶつかり合いなのではなく、むしろ必要な範囲の演出と、それを出演者が納得することによって実現するものなのだ。制作者と出演者が協力して、一種の「虚構」ではあるが「真剣勝負」と呼びうるものを実現させ、その成果を視聴者が楽しむというのが、この番組で成立していた「二重の了解」であった。『ほこ×たて』に向けられた高い評価は、こうした制作者・出演者・視聴者の良好な関係の証であったと言えよう。
よって出演者からの指摘は、その「約束」が破られたことのショックを表明したものと解釈できる。彼にはどうしても許容できないことが、本件放送の制作過程で起こったのだ。それは「実際には行われていない対決を、編集により行われたかのように見せた」ということである。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング