エクイニクスとNetApp、セキュリティと拡張性を備えた柔軟なクラウドコンピュータ環境の構築に向け、業務提携

PR TIMES / 2013年4月11日 17時2分

Platform Equinix 上のNetApp Private Storage for AWSは、グローバルなクラウド環境にパフォーマンス、 俊敏性、データコントロールを提供

カリフォルニア州レッドウッド・シティ-2013年3月27日-インターコネクションおよびデータセンターサービスをグローバルに展開する Equinix, Inc.(NASDAQ: EQIX、以下エクイニクス)は、本日、AWS Direct Connectが導入されている米国およびアジアのInternational Business Exchange(IBX (R))データセンターにおいて、NetApp Private Storage for AWSの提供を開始すると発表しました。このソリューションにより、企業はデータの完全なコントロールを保持したまま、オンデマンドのクラウドコンピュータサービスを活用できるようになります。すべてのデータはプライベートの環境にあるNetAppストレージアレイ上で安全に保管されます。

NetApp Private Storage for AWSでは、企業はビジネスニーズに応じて、プライベートクラウドとパブリッククラウドのリソースを使い分けることが可能です。データをコントロールを保持しプライバシーとセキュリティに関するもっとも厳格な標準を満たしながら、5ミリ秒以下のパフォーマンスを実現することができます。

<<発表のハイライト>>

・ データストレージとコンピュート環境に膨大なリソースを必要としているお客様は、NetApp Private StorageとAWS Direct Connectを組み合わせることで、コンプライアンスとセキュリティの厳しい標準を満たしながら、データのコントロールと高いアプリケーションパフォーマンスを確保し、パブリッククラウドが備えるコストメリットと俊敏な拡張性をITインフラに取り込むことができます。

・ エクイニクスのIBXデータセンターで運用されるNetApp Private Storage for AWSでは、NetAppストレージとAWS間を転送されるデータの応答時間が5ミリ秒以下に抑えられます。一方、パブリッククラウドサービスへの「ダイレクト接続」を提供している他のデータセンタープロバイダーの場合、接続に長距離の中継回線を利用するため、遅延の影響を受けやすくパフォーマンスの低下を招きます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング