中高生による「模擬国連」開催

PR TIMES / 2014年1月30日 14時51分

2月8日(土)9日(日)公文国際学園にて

公文国際学園(神奈川県)は、今年9回目となる模擬国連<通称:「MUNK(ムンク)」…Model United Nations of Kumon)>を校内で開催します。また、昨年に引き続き、すべてのプログラムを英語のみで実施する「MUNK International」(Model United Nations of Kumon International)も開催します。今年は両日ともに過去最多の生徒が参加する予定となっています。



 公文国際学園(神奈川県)は、今年9回目となる模擬国連<通称:「MUNK(ムンク)」…Model United Nations of Kumon)>を校内で開催します。 この取り組みは、世界200校以上の高校生が参加する世界最大規模の国際会議「模擬国連」(オランダ・ハーグ)に参加した生徒の、自らの体験をもっと多くの生徒に体感してほしいという思いから始まった校内行事です。昨年に引き続き、すべてのプログラムを英語のみで実施する「MUNK International」(Model United Nations of Kumon International)も開催します。
 今年は両日ともに過去最多の生徒が参加する予定となっており、年々増えていく参加者数からは、模擬国連に対する生徒たちの意欲の高まりが伺えます。

模擬国連(MUNK・MUNK International)実施概要
【開催日時】 2014年2月8日(土) MUNK
           2月9日(日)  MUNK International    ※両日とも8:30~16:30
【会 場】公文国際学園(神奈川県横浜市戸塚区小雀町777番地)
【アクセス】 http://www.kumon.ac.jp/k-gakuen/kokusai/access.html
【主催】 公文国際学園(生徒による実行委員会で運営) 
【参加者】 他校の生徒も含み、MUNK 150名程度 ・ MUNK International 90名程度(中1~高2対象) 
【実施目的】 模擬国連を意識したものとして、国際問題への関心・理解を深め、討議していく。
【当日スケジュール】 (両日共通)
 開会式            8:30~8:50     Session1   12:00~13:10
 Speaker's List(立場表明演説) 8:50~9:20     Session2    13:20~14:30
 Lobbying(決議案を作成)    9:20~11:05    Session3    14:40~15:50
 昼休み            11:05~11:50     閉会式     16:05~16:30
【使用言語】 MUNK    議論は日本語、専門用語や議事の進行には英語が用いられます。
    MUNK International 議論、進行などすべての場面において英語が用いられます。
【会議の流れ】 
・参加者は割り当てられた担当国の課題について事前に調査・研究し、自国の政策を考えます。
・会議では他国との交渉を通じて、決議案を作成します。
・最終的には、担当する国の国益を追求しつつも、国際社会にとって有益かつ実効的な解決・対策を盛り込んだ決議案を投票にかけ、決議として採択します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング