サンディスク、新製品「サンディスク エクストリーム プロ コンパクトフラッシュ(R) カード 256GB」記者発表会を開催

PR TIMES / 2013年11月9日 11時8分

世界最速・大容量のコンパクトフラッシュカードを発表 タレント・南明奈さんを交えたトークセッションも開催

サンディスク株式会社(本社:東京都港区)は、11月8日(金)にビジネスの現状とこれからの展望、そしてメモリーカード新製品「サンディスク エクストリーム プロ コンパクトフラッシュ(R) カード 256GB」の発表ならびにサンディスクのビジネス戦略に関する記者発表会を、日本橋三井ホールにて実施いたしました。



発表会は2部構成で行われ、1部では、まずサンディスク株式会社 代表取締役社長 兼 サンディスクコーポレーション シニアバイスプレジデントである小池淳義が、サンディスクのビジネスにおける最新状況についてのプレゼンテーションをしました。に行い、その中で小池は今後のNANDフラッシュメモリーの需要に関して「今後もスマートフォンやタブレット端末、個人向け・エンタープライズ向けのSSDなどフラッシュメモリーの需要はますます高まり、2016年にはその有効市場規模は$380億ドル(約3兆8000億円)ともなる」と語りました。


続いて、サンディスク株式会社 代表取締役マネージング・ディレクターである青柳マテウが日本におけるリテール製品ビジネス及び256GBの世界最大容量のコンパクトフラッシュカード「サンディスク エクストリーム プロ コンパクトフラッシュ(R) カード 256GB」の製品発表を行った。発表の中で青柳は新製品について「256GBの大容量コンパクトフラッシュとして世界最速の処理能力」を備え、4K動画やフルHD動画をキャプチャするための最新の動画記録規格であるVPG-65(Video Performance Guarantee)に対応することにより、シネマレベルの4K動画やフルHD動画の撮影に最適化されたコンパクトフラッシュカードであると語りました。
また、12月3日より年末の消費者キャンペーンを開始するとし、「世界は、忘れたくないもので、あふれている。」をテーマに、消費者の皆さんに動画撮影をより楽しんでいただくためのプロモーションを予定していると説明しました。


また、サンディスクコーポレーション リテール製品マーケティングディレクターであるスーザン・パークが今回の発表会のために来日し、新製品の詳細と今後フラッシュメモリーカードが記録メディアとして期待されるプロ用ビデオ市場での可能性や優位性を説明。新製品に関して「プロのビデオグラファーや写真家のニーズと信頼に応える最高レベルの能力を実現した」と語るとともに、コンパクトフラッシュの次世代規格であるCFast2.0に関しても「カメラベンダーのサポートも得ながらイメージング市場にしっかり対応していく。将来、CFast2.0にどんなコンテンツが入ることになるのか楽しみ」と語りました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング