チャイルド・ファンドが子どもを暴力から守る取り組みについて発表

PR TIMES / 2014年9月11日 18時58分

「子ども虐待防止世界会議 名古屋 2014」

2014年9月14日(日)~17日(水)、名古屋国際会議場において「子ども虐待防止世界会議 名古屋 2014」が開催されます。子どもへの暴力のない世界を目指した活動を行っている国際NGOチャイルド・ファンドが発表し、子どもを暴力から守る取り組みの重要性を訴えます。



2014年9月14日(日)から17日(水)の4日間に渡り、名古屋国際会議場において「子ども虐待防止世界会議 名古屋 2014」が開催されます。メインテーマを「子ども中心の社会に向けて : 過去から学び、未来に向けて行動しよう」とし、基調講演、ケンプ・レクチャー、本部主催講演など、さまざまなプログラムが企画されています。世界各国から子ども虐待に関わる研究者や実務者、行政関係者などが集い、参加者は2,000名を超える見込みです。

3日目の9月16日(火)、子どもへの暴力のない世界を目指した活動を行っている国際NGOチャイルド・ファンドから2名が発表します。チャイルド・ファンド・ジャパンは11:30から「子どもたちが語る暴力と搾取のない世界」について発表します。チャイルド・ファンド・インターナショナルは14:15から「子どもを守るコミュニティの仕組みを通じて、ネグレクト、虐待、暴力を防止し、家庭を守る取り組み」について、シンポジウムを行います。

会議名称:第20回子ども虐待防止世界会議 名古屋2014
テーマ:子ども中心の社会に向けて:過去から学び、未来に向けて行動しよう
主催:国際子ども虐待防止学会(ISPCAN)、日本子ども虐待防止学会(JaSPCAN)
会期:2014 年9 月 14 日(日)~17 日(水) 
開催場所:名古屋国際会議場  名古屋市熱田区西町1番1号
参加人数見込み:2,000人

【チャイルド・ファンド・ジャパンの発表】
9月16日(火)10:30-11:50 OS-3E Ethics, Law and Policy
「子どもたちが語る暴力と搾取のない世界」(日本語)
(チャイルド・ファンド・ジャパンの発表は11:30から)

【チャイルド・ファンド・インターナショナルの発表】
9月16日(火)14:15-15:35 S-9 
「子どもを守るコミュニティの仕組みを通じて、ネグレクト、虐待、暴力を防止し、家庭を守る取り組み(ウガンダ・セネガル・ガンビア・リベリアの事例)」(英語)
“Family preservation and prevention of neglect, abuse and violence through community child protection mechanisms”

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング